>  >  > 超不思議な遠隔エナジーヒーリング実践法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
reiki.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

「気」のバランスを整えて、心と体をより良い方向へ改善していく治療を「エナジーヒーリング」と呼ぶ。


■「遠隔エナジーヒーリング」のやり方

 ヒーリングには気功療法、あるいは霊気(れいき)療法とさまざまな呼び方があるが、共通しているのは、マッサージと異なり体には直接触れず、気を伝えて治療する点だ。

 癒す側であるヒーラーと患者が向き合って行われるの光景が一般的なイメージだが、実は遠く離れた場所にいる人を治療する「遠隔エナジーヒーリング」も広く行われているらしい。

 きわめて奇妙な印象を受けるが、目に見えないスピリチュアルなエネルギーは宇宙と繋がっており、時間や距離という時空の概念がない。つまり気とは時と場所を超えて伝わるものであり、意識を合わせるだけで念やエネルギーを送ることが可能なのだという。

 難しく思えるが、コツとやり方さえきちんと踏めば、そう複雑なものではないようだ。例えば、普段離れている家族や友人が病気の際や精神的に落ち込んでいる時などに、励ましたりパワーを送ることができるのが「遠隔ヒーリング」だが、その方法は以下の通りである。

・ 静かな場所で行うこと
 集中力を高めるため、外の気配を感じない静かで清潔な空間を選ぶ。

・ 気持ちを落ち着かせること
 まず、自分自身が今抱えている問題や悩みを解放する。ネガティブな気持ちを抱えたままだと、せっかくヒーリングを行おうとしても成功につながらない。

 そして2、3回ゆっくり深呼吸をして心を鎮めたら、いよいよエネルギーを飛ばしたい相手を思い浮かべよう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。