>  >  > 厚労省が電通らブラック企業を公表へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

厚労省が電通ら334社の「ブラック企業」を公表! 我々がリスト開示を活かすには?の画像1
厚労省が「ブラック企業」の公表を本格スタート!(http://jp.depositphotos.com)

 労働現場をむしばむブラック企業の問題をめぐっては、これまでも長きにわたりさまざまな対策が講じられてきた。

 悪質な企業に対して、国も手をこまねいていたわけではなかったが、いまいち悪質事例の根絶に向かっている実感がなかったのは、施作の内容は立派でも、やや具体性に欠け、目に見えない効果に止まっていたからかもしれない。

 だが、ついに国もブラック企業の撲滅に向けて、本腰を上げてきたというべきか――。

厚生労働省が法令違反のブラック企業をネット上で公表

 5月10日、厚生労働省はついに、長時間労働や賃金不払いなど労働関係法令に違反した疑いで送検された企業のリストを、ネット上で公表することを始めた。これにより、真に働きやすい労働環境の実現が近づいてくるのだろうか。

 今回公表されたリストは、2016年10月〜2017年3月の間に送検された334件の事例をまとめたもの。従来は47都道府県にある労働局のホームページに載せてきたが、報道発表で社名を明らかにしたのにホームページでは伏せた事例もあったほか、掲載期間もまちまちで統一基準がなかった。

 今回のリストは、都道府県ごとに設けられている厚生労働省の地方支分部局のひとつである労働局の管轄ごとに分けられていて、各企業毎に、公表日と違反した法律、違反した事案の内容、送検の日時が明記されている。

 以下のサイトの「労働基準関係法令違反に係る公表事案」で見ることができる。

「労働基準関係法令違反に係る公表事案」(http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/170510-01.pdf)

電通の違法な時間外労働は本当に2名だけ?

 具体的なリストの内容を見てみよう――。

 聞き覚えのない企業が多いが、東京労働局のリストのなかには、あの電通の名前もある。電通の記載項目は以下の通りだ(以下、企業・事業場名称/所在地/公表日/違反法条/事案概要/その他参考事項)。

▶︎(株)電通/東京都港区/H28.12.28/労働基準法第32条/労働者2名に、36協定の延長時間を超える違法な時間外労働を行なわせたもの/H28.12.28送検

 高橋まつりさんの過労自殺をきっかけとして、労働環境の見直しや制度の再構築が行なわれつつあることは周知の通り。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。