>  >  > 6年間謎のまま「バルト海の異物」に2つの新事実!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
balticufo_06.jpg
画像は「YouTube」より引用

 近年、「未確認飛行物体(Unidentified Flying Object)」、「未確認動物(Unidentified Mysterious Animal)」に続き、「未確認潜水物体(Unidentified Submerged Object)」の存在がクロースアップされている。


■「バルト海の異物」に新展開

balticufo_03.jpg
画像は「Expressen」より引用

 これまでトカナでも水中に眠るさまざまなミステリーをご紹介してきたが、世界的に最も知られたUSOといえば、「バルト海の異物」をおいて他にないだろう。

 2011年、スウェーデン人トレジャーハンターの一団「Ocean X」が、表面に無機質で直線的な模様が刻まれた、直径61m、高さ8mほどの巨大な円盤状の物体を発見。正体をつきとめようと、「Ocean X」のメンバーらは、すぐに調査に乗り出したが、「自然の造形物ではない」ということ以外、現在までほとんど分からずにいた。

 だがこの度、オルタナティブサイト「EWAO」が、この物体に関する新たな事実が明らかになったと報じ、世界中のUFOコミュニティに衝撃が走っている。なんと、同物体の構成物質が判明、さらには、ダイバーが異常な出来事に遭遇していたことも分かったというのだ! 早速、詳細をみていこう。

balticufo_05.jpg
画像は「YouTube」より引用

「Ocean X」らのダイバーは、異物表面から物質サンプルの採取に成功。検査の結果、酸化鉄と針鉄鉱が含まれていることが分かったそうだ。さほど目新しい物質というわけではないが、驚いたことに、イスラエル人地質学者スティーブ・ウィーナー氏によると、どちらも「自然に形成される物質ではない」ため、人工物である可能性が高いというのだ。

 これだけでも驚愕の事実だが、さらにとんでもない出来事がサンプル採取中に発生していた。

コメント

7:匿名2017年6月 6日 14:07 | 返信

クロースアップじゃなくて、

クローズアップなんじゃね?

6:匿名2017年5月30日 04:16 | 返信

何が歴史がひっくりかえるだ
ずっとわからなくして儲けてるだけ
スポンサーは金むしられてるだけ

5:匿名だなんておこがましい2017年5月29日 13:49 | 返信

酸化鉄や針鉄鉱が自然に形成される物質じゃない、ってトコがなんともファンキーだなー。
そうしたら、赤土も宇宙人が宇宙ダンプかなんかで運び込んだってことになるのかな。そうとしたら、ほんっとに宇宙人の科学力に驚嘆するしかないなー。

4:匿名2017年5月29日 00:20 | 返信

発見から何年立ってんだよ的な感じは否めない。。
3曰く戦艦らしいし。

3:匿名2017年5月28日 23:34 | 返信

これ過去に試作実験みたいな感じでで作られた戦艦だという事が分かってるよ

2:匿名2017年5月28日 22:49 | 返信

本当だったらありがたい。
とっとと宇宙開発しよう。

1:匿名2017年5月28日 19:41 | 返信

おそらくどんな物か証明分かってるけど、公表出来ないんだろね。
人類の歴史がひっくり返るような事態になりほう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。