>  > G7サミットで首脳間の陰湿いじめ発覚!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
bullying_3.jpg
画像は「首相官邸」より引用

 5月26日と27日、イタリア南部シチリア島タオルミーナで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)。世界をリードする先進国の首脳が一堂に会し、政治・経済、治安など地球規模の問題への対処を話し合う重要な会議だ。参加国である日本・アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・イタリア・カナダは、ともに自由・民主主義・法の支配・人権などの基本的な価値観を共有しているとされる。

 しかし、今回のG7サミットが、あろうことか陰湿な“イジメの場”になっていた疑惑が急浮上し、全世界に戦慄が走っている。では早速、その決定的瞬間を捉えた衝撃映像をご覧いただこう。

動画は「LiveLeak」より

 会議の休憩時間だろうか。各国の首脳陣が会場となったホテルのテラスで雑談に興じ、互いに親睦を深め合っている。話の中心にいるのは、やはり米国のドナルド・トランプ大統領だ。大げさな身振り手振りで、ジョークでも飛ばしているのだろう。イギリスのテリーザ・メイ首相が、大爆笑しながら彼にツッコミを入れるような仕草を見せる。それを満面の笑みで見つめる、日本の安倍晋三首相やドイツのアンゲラ・メルケル首相。実に楽しそうなムードが辺りを包み込んでいた。

bullying_2.jpg
画像は「LiveLeak」より引用

――がしかし、和やかに談笑を交わすグループの傍らで1人、実に寂しそうにしている男がいることにあなたは気づいただろうか? 少し離れた位置から、なんとか話の輪に加わるタイミングを窺っているようにも見えるが、グループの人間は誰も彼のことなど気にしない。いや、視界には入っているが、あえて彼を無視しているのかもしれない。やがて、勇気を振り絞ってグループに近づこうと足を踏み出した男性だが、やはり数歩近づくだけで精一杯だったようだ。グループと男性の間には、明らかに目に見えない壁が築かれていたのだ!

関連キーワード

コメント

3:匿名2017年6月 1日 02:15 | 返信

自分の親と同じような年代のジーさんバーさんの集団で和気あいあいとしてたとして
話しかけたいと思うかね?
首脳をやるような成人の男が自分から輪に入らないってことは積極的に加わりたくない
話のかみ合わない話題で盛り上がってるんだろ。

2:匿名2017年5月30日 10:08 | 返信

まぁ、もしこの記事が事実なら
カナダ新首相が古い支配者層を壊す新体制派なら、ハブられる可能性も大いにあるよ。

カナダ人は汚染されていない人が多いから、イメージ的にもありえる。

1:匿名2017年5月30日 01:06 | 返信

勘ぐりすぎ。お前みたいな記者が、いじめを逆に増やす。カス野郎め

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。