>  >  > NASAがヒトDNA“宇宙散布計画”を進行中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 産めよ増やせよ地に満ちよ――。旧約聖書・創世記の言葉だが、その言葉通りというべきか、今や地球上には70億人を超える人々が暮らしている。そしてNASAは我々人類が大宇宙にも満ちていくことを望んでいるようだ。


■パンスペルミア説の検証実験でヒトのDNAが宇宙へ!?

humandna1.JPG
 「Space.com」の記事より

 子どもの頃、物心ついてかなり経ってから自分の出生地を知って少し驚いた経験を持つ人もいるだろう。そしてそもそも、我々人間はひょっとすると“地球生まれ”ではないのかもしれない……? 

 生命の“地球外由来”をサポートする仮説が「パンスペルミア説」である。いくつかある説の中でも特に説得力を持っているといわれているのが、隕石などに付着した生命の種子が地球に運ばれてきたという岩石パンスペルミア説(litho-panspermia)だ。

 この仮説が発表された当初は、隕石に生物が付着していたにせよ、シビアな宇宙空間の移動に加えて大気圏突入の激しい摩擦熱で死滅してしまうだろうと指摘され信ぴょう性を欠くものと見なされていた。しかし昨今ではきわめて過酷な環境でも命を保っている極限環境微生物についての理解も進み、宇宙空間の移動や大気圏突入にも耐える微生物も存在し得ると考える専門家が増えてきているようだ。

 パンスペルミア仮説に従ってもし我々の起源が地球外に由来するのであれば、逆に我々の生命もまた地球外に進出できることにもなる。そしてNASAは今まさに、ヒトのDNAを宇宙に満ち溢れさせ、どこかに“定住”させる計画を練っているというから驚きだ。宇宙をヒトのDNAで満たそうというのだ。

 昨年、物理学者のホーキング博士や天文学者のマーティン・リース氏らも加わった10年越しの本格的な地球外知的生命体の探査計画「ブレークスルー・イニシアチブ」が立ち上げられ注目を集めた。同プロジェクトの会議が4月20、21日に米・スタンフォード大学で開催されたのだが、そこでハワイ大学の物理学者であるジェフ・クーン氏が地球の土壌に広く存在してる枯草菌(Bacillus subtilis)が6年間は宇宙空間でも生存できることを報告したことで、パンスペルミア説の検証実験を行う機運がにわかに盛り上がってきたということだ。

 カリフォルニア大学のフィリップ・ルービン教授はヒトのDNAがほかの惑星に到達できる可能性を指摘し、すでにNASAがこの計画を実行に移していることを報告している。我々が火星に殖民するよりも先に、まずは我々のDNAが宇宙に“進出”することになるのだろうか。

コメント

1:トランプ大統領2017年6月 1日 00:05 | 返信

だから、阻止しようと動いているのだ。
宇宙人の私から見て、人の頭はかなりおかしい悪の組織に洗脳されて人造人間になり人肉を食べたいと言い出すは、くだらんことでまともな人間に喧嘩を売ってきて、なんでも八百長で勝ち誇り気色悪い高笑いをするは、人のものを奪い取って自分が創ったものだと言い張るわ
悪魔組織の操り人形でキチガイの悪魔的エイリアンとしか思えない。

そんなのが宇宙に行ってみろ!まともな宇宙人と戦争になる。
そこらじゅうでスターウォーズ状態になり、もし移住しようとしても住める星がなくなる。
しかも、悪魔的な人間は共食いをする。同じイカレタ人間通しでも戦争をして
大変なことになるのは目に見えている。
そのことをイカレタ人間は認識できないばかりか、悪魔組織を創設し、仲間でもない私を中心に動いているためさらにややこしいことになっているのだ。
イカレタ人間はまともな人間がいないと正常に動けないロボットなので良心的な宇宙人を取り込んで、人間のふりをしつつ、良心的な宇宙人を妬み恨んで殺人ゲームを展開し
奴隷にしてしまうというのだ。

イカレタ人間を始末して原因の殺人AIを破壊し元に戻す。これしかない。
ケンシロウに次々と裁いてもらわなければ近隣の宇宙は破滅するだろう。
というかこの星でこれだからなぁ
どこに行ってもキチガイ宇宙人がいてスターウォーズかもしれんけど?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。