>  >  > 奇習! 初夜のセックスを絵に残す新郎新婦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
SexPaintings.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

【日本奇習紀行シリーズ】 近畿地方

 現在はインターネットにアクセスすれば、手軽にアダルト画像や動画が楽しめる時代になった。しかし、江戸時代には、その筋の絵師が描いた「春画」を“オカズ”として活用する文化が広がり、“江戸時代版のエロ本稼業”ともいうべき人々が、急速にその隆盛を極めた時期も存在する。そして、このような文化はその後も日本の一部地域で残り、それが後に、あらぬ形で「習慣」として定着したと思しき事例を、現代を生きる我々は確認することができる。


「まあ、営みのデッサンっていうのかな、そういうことをやる習慣だよ」


 かつて近畿地方のとある地域に存在していたという奇妙な風習について証言してくれたのは、現在、生まれ故郷から遠く離れた信州の避暑地で余生を過ごしている中田篤次さん(仮名・67)。中田さんの話によると、その地域においては、夫婦の営みをプロの画家にデッサンしてもらうという、なんともおかしな行為が習慣として定着していたのだという。


「結婚して最初の夜、要は初夜にね、画家の人を家に招いてね。一晩中、その行為をね、観察してもらいながら、1枚の絵に仕上げてもらうっていう。もちろん、その画家からすれば生殺しみたいなものだろうし、場合によっちゃ逆にげんなりさせられるのかもしれないけれどもね、まあ、とにもかくにも新婚さんは必ずそういうことをしなくちゃならない決まりがあったんだよ」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。