>  >  > 銀座上空でUFOが瞬間移動! 撮影に世界初成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

■超高層ビル群上空に現れた奇妙な物体

ginzaufo1.JPG
不思議な物体が瞬間移動を繰り返した後、異空間に消えていった。これはその元動画から一部の画像を切り出し拡大、ブルーフィルター加工した画像。

 さまざまな不思議なものを捉え続けている宇宙現象観測所センターの自動観測撮影装置ロボット「SID-1」が世界で初めてと思われる驚愕の映像を捉えていた。

 SID-1は大気圏内の宇宙や空中で何らかの動きがあるとそれを検知し、連続記録することができる。今回紹介するものは今までに捉えたことのない不思議な物体だ。

 UFOは漠然と宇宙からとか、火星や月などの近傍の天体にある基地から来ているとか異次元や異空間からといった説もあるが、今日まではっきりした何の証拠も痕跡も見つかっていない。UFOの出現や消滅の瞬間を捉えたと説明しているような明確な画像も今までは存在していないのだ。

 今回、世界で始めて異空間を移動するUFOの出現と消滅の瞬間ではないかと思われる撮影に成功した。世界的にも貴重といえる驚くべき映像ではないだろうか。


■世界で初めて動画撮影に成功

 東京の超高層ビル群の上空で、それは黄色に輝いていた。動画では8フレーム後に最初の消滅が始まっている。

動画はこちらから 動画は「YouTube」より

 この物体の光の性質とビル群の明かりの性質は異なり、違う種類の光なので、ビルの明かりが何かに反射しているわけではない。

 その4フレーム後(12フレーム目)に再び出現した。元の動画では超高層ビルの明かりは静止しているのでSID-1のレンズが揺れているわけでも空気が揺らめいているわけでもない。18フレーム後(30フレーム目)に右に移動を始める。

 繰り返すが、元の動画では超高層ビルの明かりは静止しているのでSID-1のレンズが揺れているわけでも空気が揺らめいてるわけでもない。

関連キーワード

SPOC
UFO

コメント

3:匿名2017年6月 7日 21:20 | 返信

飛行機のライトが空気でブレたように見えますが、
いきなり異次元とか言い出すのはかなり極端に思えます。
ただ、これまで、カメラのレンズの前を横切った虫のコマ飛び映像を異次元のUFOと言っていた北島氏のことなので、本人は本当は正体が分かっているのではないでしょうか。
異次元って便利な言葉ですね
でも、TOCANAだけならいいですけど、英語とかで発表して海外で笑いものにされるのは日本人として恥ずかしいです

2:匿名2017年6月 6日 20:35 | 返信

>1
さすがはトカナだよね。
しっかりネタを用意してるんだからw

1:匿名2017年6月 6日 16:13 | 返信

6月6日にUFOが~あっち行ってこっち行って落っこちて~

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。