>  >  > 情報番組にお笑い芸人が起用される理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
0524sukkiri_01.jpg
※イメージ画像:日本テレビ系『スッキリ!!』オフィシャルサイトより

 かつて情報番組やワイドショーといえばアナウンサーやキャスターの独壇場だったが、今は芸人の姿が目立つ。『スッキリ!!』(日本テレビ系)の加藤浩次と近藤春菜、『ワイドナショー』(フジテレビ系)の東野幸治や松本人志、『ノンストップ!』(同)の設楽統などがその代表格だ。

 ニュースも扱う情報番組の場合には、脇の甘さからスキャンダルの心配がつきまとう芸人は敬遠されるような気もするのだが、実際は真逆の状況が続いている。なぜ、芸人が多用されるのか、その理由を聞いた。

「抜擢される理由のひとつは、トーク能力と場を回すMC力に長けているからです。しかし、もうひとつ欠かせない理由があります。それが、“もしスキャンダルが出ても強い”というものです」(情報番組関係者)

 スキャンダルに強いとは、どういうことか。

「報道や情報番組の世界では出演者のスキャンダルは番組存続にも影響する大ごとです。そのため、局アナであってもできるだけ問題のない人間を選びます。ですが、芸人さんの場合にはたとえスキャンダルが報じられても、あまり番組にとってはマイナスにならないという安心感があるんですよ」(同)

 誰にとってもスキャンダルは避けたいものだろうが、マイナスにならないとは驚きだ。

「暴力を振るったとか薬物使用といった事件性のあるものは別次元の話になりますが、たとえば俳優や女優、アイドルなどが不倫や浮気、離婚といったスキャンダルが出た場合はマイナスイメージがついてしまい、視聴率にも影響します。しかし、これが芸人さんならばその一件を反省しつつもうまく笑いに落とし込むことで世間も許しまうケースが多く、視聴率にも影響しないので起用しやすいんです」(同)

 また遊び人も多くおり、スキャンダルの多いイメージがある芸人だが、だからこそ世間には「芸人だから」と寛容する姿勢があるらしく、番組としても怖がらずに起用できる人材になっているそうだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。