>  >  > 意外とある!報道記者の個人的な主観が入るニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

児童虐待

,

吉沢ひかる

,

報道

,

記者

,

警察

0524houdou_01.jpg
※イメージ画像:『テレビ報道記者』(ワック)

 テレビのニュース番組や新聞など、いわゆる報道機関で記事原稿を書いている記者たち。報道であるため、そこには主観を入れずに完全に公平なものにしなければならないが、書いているのが人間である以上、感情が入ってしまうこともあるのではないか。

 最近は主観めいた記事も目立っているが、実際に現場の記者はどのような思いで取材し、記事を執筆しているのか、話を聞いた。

「それぞれの社に独自の方針があり、それにのっとって原稿が書かれていることはすでにご存じだと思います。しかし、それとは別に、現場記者の個人的な感情がはいってしまいレポート内容やニュース原稿が偏ってしまうケースが、正直言って今の時代はかなり多いです」(テレビ局報道局スタッフ)

 具体的にはどのようなレベルのものなのか。

「もちろん、基本的には公平を心掛けています。ただ、どうしても人間なので、事件記事では犯人が許せないという思いが前に出てきてしまうことがあります。特に最近多いと感じるのは、子どもの虐待死事件を追跡した女性記者の“偏り”ですね」(同)

 それはどういうことなのか。実際に女性の記者に聞いた。

「弱者である子どもを両親が虐待して殺すニュースが相次いでいますが、同じく子どもを持つ親としてはどうしても許せません。私的制裁といわれるかもしれませんが、報道による社会的制裁を両親に与えてやろうとの思いが頭をよぎることもあるんです」(報道部記者)

 私的制裁とは穏やかではない言葉だが、その内容も衝撃的なものだった。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年6月 1日 09:41 | 返信

欧米のようにライター名を出せば問題ないのだろう。どこかの誰か、というのが問題なのかも。トカナさんのように、大手新聞社やニュースサイトも記者の名前を出せばいい。それで売る、ということも出来る。実際、そうしているケースも多くなって来た。そうすれば極端な偏向報道も、我が身かわいさで慎まれるような気もする。自分の身も危なくなるので、当事者と平等な立場ともなる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。