>  >  > 早漏に著効ありの新治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

早漏に有効性が高い治療法!ウェットティッシュタイプの局所麻酔薬に注目の画像1
オーガズムの共有のためにウェットティッシュ?(http://jp.depositphotos.com)

 房事(セックス)は超プライベートな営みなのに、世間はベッドサイドでストップ・ウオッチを片手に、1分、2分、3分と持ち時間を数えては狂喜している。男性は、覗き見好きな世間の好奇の餌食になる他ない。

 しかも、神様は男性だけに過酷な試練を与える。それを克服することだけが男性の値打ちであるかのように。早漏(Premature Ejaculation : PE)という試練だ。

医学的な定義や分類は易々と定まらない早漏

 しかし、ISSM (国際性医学会議)は、2008年5月20日に開かれた第103回AUA(米国泌尿器科学会)の年次総会で明確なエビデンスを表看板に掲げつつ、高らかにこう定義(ファイナル・アンサー)した。

 早漏は、性行為時に常に膣内挿入前または挿入後1分以内に射精、または挿入前に射精を遅らせることができずに射精する性機能障害である。その結果、射精をコントロールできないことから、性交に対するストレス、欲求不満、苦悩、焦燥感、劣等感などにを感じるため、性行為を回避する精神状態に陥る(ISSM definition of Primary Premature Ejaculation McMahon CG,etal :BJU Int. 2008 Aug;102(3):338-50.)。

 このように早漏は、脳内の性的興奮が過度に高まり、射精までの膣内射精潜時が短くなって起きる。初めての性行為時に女性が性的満足を得るのが遅いために射精に至る終生早漏(先天的早漏)と、長期禁欲期間後の性交、加齢、ED(勃起不全)の他、疲労、不安、ストレス、パートナーからの要望、腰痛、多発性硬化症などの要因によって起きる後天的早漏がある。

 ところが、早漏は、超極私的かつ超形而上的(精神的)で、異質・非定型な個人的体験に根ざす営みであることから、風に揺らぐ振子さながらに医学的な定義や分類は易々と定まらない。

 つまり、早漏は、原発性なのか続発性なのか?特定の状況でのみ早漏になるのか?ED(勃起不全)を併発しているのか?早漏の約30%はなぜ完全勃起の前に射精するのか?などの解釈も診断も決めにくいので、種々雑多の難問が男性の夜の生活を困惑させている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。