>  >  > ペットの傷病で一番多いのは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

ペットの傷病ランキングTOP3 2位「外耳炎」、3位「下痢」、1位は?の画像1
ペットのどんな病気に気をつけたらいいのか?(http://jp.depositphotos.com)

 ペットの医療費は意外に高い。ペット救急病院にいたってはすぐに10万円以上となる。ペットの病気では何に気をつければいいのか?

 アイペット損害保険(株)は、2016年1月1日-〜12月31日の1年間にペット保険「うちの子」に加入した契約者(36,248件)を対象に、通院・入院・手術の請求件数が多かった「ペットの傷病ランキング」を集計・発表した。

高齢の犬猫ではがんがトップ

 総合ランキング(犬猫、年齢不問)では、2位が「外耳炎」3位が「下痢」そして飼い主が症状に気づきやすく、動物病院への来院動機につながりやすい「皮膚炎」が1位ととなった。

 発表によると、総合ランキングのトップは、犬が「皮膚炎」、猫は「下痢」。手術ランキング(7歳以上の犬猫、年齢不問)のTOP3は、高齢の犬猫に多い「がん」「歯周病」、若齢の犬猫に多い「異物誤飲」だ。

 特に小型犬は手術を伴う「骨折」「膝蓋骨脱臼」、高齢犬(7歳以上)は「歯周病」「僧帽弁閉鎖不全症」(心疾患)が多い。

 一方、猫は「膀胱炎」「腎不全」「尿石症」などの泌尿器系疾患が多く、特に子猫(0歳)は「外耳炎」「結膜炎」「猫風邪」、成猫(1歳~6歳)は「尿石症」、高齢猫(7歳以上)は「心疾患」が上位に入っている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。