>  > エキゾチックな美貌が歪みまくる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

天野ミチヒロ

,

恐怖のいけにえ

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

0601kyoufu_01.jpg
※イメージ画像:『恐怖のいけにえ』(エスピーオー)

『恐怖のいけにえ 呪われた近親相姦の館』
1980年・アメリカ(1980年・日本公開)
監督/ピーター・フォレッグ
脚本/マイケル・L・グレース
出演/バーバラ・バック、シドニー・ラシックほか

 かつて「アメリカの田舎町では、旅行者は狂った一家によって惨殺される」と日本人ホラー映画マニアの多くは信じ込んでいた。それを刷り込まれた代表作が、レザー・フェイスがチェーンソーを振り回す『悪魔のいけにえ』(75年)。これを配給した日本ヘラルドは、『THE UNSEEN』(見えざる者)という作品を『恐怖のいけにえ』という邦題で1980年に公開した。『悪魔のいけにえ』の脚本家キム・ヘンケルが原案に参加していた故の邦題だろう。

 映画は大コケしたが、その後しばらくしてテレビ放映で初めて作品を観た私は、その内容のエグさに戦慄した。まもなく作品は『恐怖のいけにえ 呪われた近親相姦の館』というデンジャラスなタイトルでビデオ化された。

■『恐怖のいけにえ 呪われた近親相姦の館』あらすじ

 ロスのテレビ番組制作会社に勤めるジェニファー(バーバラ・バック)は、女性スタッフのビッキーとカレンを連れて郊外で開催される祭りの取材に行く。だが手違いでホテルが予約されておらず、親切な博物館の主人アーネスト(小太り・ハゲ・中年)が、困っている彼女らに自宅を提供する。

 人里離れた土地に建つアーネストの屋敷の各部屋には、人間がひとり通れるサイズの四角いフタが床に付いている。出迎えたアーネスト夫人のバージニアは、悲しそうな顔をして歓迎していない様子だ。午後になると、体調を崩したビッキーを残して、ジェニファーはカレンを連れ立って祭りの取材へ出かけた。アーネストはそれを見計い、ゲストルームに忍び込みシャワーを浴びているビッキーを鍵穴から覗き、満足して博物館へ戻っていく。アーネストは親切そうに見えて実はスケベオヤジだったのだが、覗きなどかすんでしまうほどトンデモないド変態であることが後に発覚する。

 帰宅したアーネストはベッドで寝込んでいるビッキーと、ジェニファーよりもひと足早く家へ先に戻ったカレンが何者かに惨殺されているのを発見。すると、彼は鞭を片手に地下室へ駆け込み、「ジュニア」と呼ぶ誰かに向かって叱責し、鞭で打ってお仕置きをする(まだ姿は見えない)。アーネストはバージニアに「この事件が知れたら私たちの秘密も暴かれる。兄と妹が夫婦だなんて、世間は決して許さんだろう」。そう、彼らの息子は地下室に監禁され、各部屋にはエアダクト(通風管)を伝って床のフタから出入りしていたのだ。

 そこへジェニファーが戻ってくる。アーネストは言葉巧みに薄暗い地下室に閉じ込めてしまった。ジェニファーが室内を歩き回っていると、ビッキーとカレンの遺体を発見する。悲鳴を上げてつまずき、布団やカーペット、紙くず、服などが集積したゴミの山に倒れ込む。その途端、「うう、う~」とゴミの中から人間が現れる! ジュニアだ。ルックスは、親父に似て薄くボサボサの頭髪でデブ。薄汚れたヨレヨレで穴だらけのTシャツと短パンに素足。奇声を上げながら追いかけてくるジュニアにジェニファーは大パニック。ジュニアは逃げるジェニファーの髪の毛を後ろからつかみ、さらなる奇声を発して興奮。あお向けに倒れたジェニファーは恐怖で口も目も最大限に開き、裸足の足をバタバタさせているジュニアを見上げている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?