>  >  > 「宇宙人は宇宙の温度が下がるまで冬眠している」オックスフォード大が提唱!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 オックスフォード大学の研究者らが、今も世界中の科学者を悩ませている「フェルミのパラドックス」(Fermi paradox)に、一石を投じる驚愕の新理論を発表した。それによると、我々が宇宙人を発見できない理由は、宇宙人たちがある理由から“冬眠状態”に入っているからだというのだ!


■フェルミのパラドックス

【ガチ】「宇宙人は宇宙の温度が下がるまで冬眠している」オックスフォード大が提唱! フェルミのパラドックス理論遂に解決か?の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 本題に入る前に、まずは「フェルミのパラドックス」について簡単に解説しておこう。このパラドックスは、フェルミ推定で知られる物理学者エンリコ・フェルミにちなんで名付けられたもので、一言でいえば「なぜ宇宙人はまだ見つかっていないのか?」という素朴な疑問を言い表したものである。「フェルミのパラドックス」には、夢溢れるユニークな回答が多数提出されているので、いくつかご紹介しよう。

・「動物園仮説」――地球は宇宙人からみれば動物園のような観察対象に過ぎず、直接的なコンタクトを意図的に避けている、というもの。米宇宙物理学者ダンカン・フォーガン博士は、動物園仮説を拡張することで、「銀河クラブ仮説」を提唱。地球は「“原始的”文明との接触禁止を徹底する保守的な同盟の支配地域にある」と推測している。

・大気中には不可視の生命体があふれているが、人間の目の構造(凸レンズ)では見ることができない。凹レンズ(サンティリ式望遠鏡)を用いることで観測することができる。(原子物理学者、ルゲロ・サンティリ氏)

・原子よりも小さい極小粒子の中には超小型エイリアンが存在しており、重力から光にいたるまで全ての物理法則を支配しているが、宇宙の本質的な存在なため観測することができない。(米コロンビア大学、ケイレブ・シャーフ教授)

・エイリアンは微生物としてすでに体内に組み込まれているが、現在の科学ではそれを検知することができない(英物理学者ポール・デイビーズ教授)

【ガチ】「宇宙人は宇宙の温度が下がるまで冬眠している」オックスフォード大が提唱! フェルミのパラドックス理論遂に解決か?の画像2
画像は「Thinkstock」より引用

 どれも奇抜な理論であるが、この度オックスフォード大学「人類の未来研究所(FHI)」の研究員で、AI研究者のアンダース・サンドバーグ博士と、ベオグラード天文台のミラン・シルコビッチ氏が提唱している「冬眠仮説(aestivation hypothesis)」も、負けず劣らず極めて斬新なアイデアとなっている。

コメント

4:匿名2017年8月18日 07:03 | 返信

こういうとんでも記事を大真面目にUPする
TOCANA大好き

私は宇宙人が見つからないのは
高度な文明は長続きしないからだと思っています

3:匿名2017年6月 7日 05:11 | 返信

ため息しか出ない。もう少しガンバレ。

2:匿名2017年6月 6日 11:57 | 返信

個人的に思ったことは、地球外知的生命体が発信する人工的な電波では、この広大な宇宙だと減衰して、遠くまでは届かないのではないか?ということw
超新星爆発やブラックホールやパルサーやクエーサーやマグネターやらの天体が出す電波は、極めて強力だから、何百万何千万光年離れていても届くけど、テレビやラジオ程度の極めて微弱な電波だったら、すぐに減衰して消滅してしまうのかもしれないw
なので、SETIなどが、いくら一生懸命探しても、実は無理なのかもしれないねw
だから、宇宙人を見つけられないんだよw

1:匿名2017年6月 6日 10:49 | 返信

まあ、トカナの【ガチ】は「うそ」の同義語だからねえ。
すまんのう、笑えよ。みたいな、嘘を言うときのお約束のネタなのは、過去の記事を読めばわかる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。