>  >  > サプリメント『えんきん』効果に問題!?
連載「暮らしとつながるサプリメント」第9回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

サプリメント『えんきん』の効果は?消費者団体は『えんきん』の効果に懐疑的の画像1

サプリメント『えんきん』の効果に疑義が(画像はファンケルの公式HPより)

 テレビCMでもすっかりお馴染みの「中高年の手元のピント調整力をサポート」するサプリメント『えんきん』(ファンケル)。今期55億円、来期(18年3月期)は70億円の売り上げを目指そうという、まさに「スター製品」である。これに続けと3月には、ターゲットを若年層に絞った新商品『スマホえんきん』を売り出した。

 さて、この『えんきん』の人気の秘密はどこにあるのか? 「リピート率は高い!」とメーカーは言う。口コミサイトにも、良い評価がたくさん載っている。ただし、これらの情報はどれも客観性に欠ける。

「目」という部位を用いて「老眼」に効くことを表現しているが……

 では、客観的な情報はどこにあるかといえば、パッケージの機能性表示だ。

 『えんきん』は「機能性表示食品」なので、その効果を表現するにあたって科学的根拠を示さなければならない。そして『えんきん』には、実際に製品を用いた臨床試験(人を対象とした試験)によって効果を確認したということで、パッケージ表面には囲みで「臨床試験済み」とある。消費者にしてみれば、これはとても心強いメッセージに映る。

 さらにパッケージを見るとこんな文句が書いてある――。「体内への効率を第一に考えています」「手元のピント調節力に」「中高年の目の健康に」「手元の小さい字が読みにくい」「メガネに頼りたくない」と。その脇には、老眼鏡のようなメガネをかけた高齢者が新聞を読んでいるイラストがある。

 これを見れば、たぶん誰もが「老眼が治るのかな?」と思うだろう。

 もちろんサプリメントでは病名を表記することはできないので「老眼」とか「眼精疲労」という文言を使うと違法になる。しかし、機能性表示食品については、体の部位を使って表現することが認められているので、「目」という部位を用いてじつにうまく「老眼」に効くことを表現しているのだ。

では、本当に「老眼」に効くのか? 消費者庁に届けられた客観的な「効果」を証明する「臨床試験」の中身はいかに?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。