• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

通称「痴漢冤罪保険」の加入者が増加! 逃げるは「策」だが「死」を招く!?の画像1
痴漢冤罪事件は保険特典に頼るしか策はないのか……(http://jp.depositphotos.com)
   タクシーに乗車すると時折、「お客様の大きな荷物の忘れ物です」とか「忘れ物は無線室で保管しています」などの無線アナウンスが流れることがある。

 あれは、大きな事件の発生や犯人の逃走を伝える業界の「隠語」だ。その後に人物の特徴をアナウンスするのは、そのためである。

 転じて鉄道を利用している際、「人身事故の影響」や「信号機(や車輛)の故障」ではなく、「お客様が線路内に侵入したため」云々という遅延説明のアナウンスを耳にする機会が、いつの頃から増えてきた。

 あれも当初は「なんで線路内に入る必要があるのだ!?」とか「しかも最近、やたらと多くないか……」と疑問を感じたものだが、それこそ「最近」は、その謎が一気に解けたようなご時世である。

 5月11日の午前7時45分ごろ、女子高生から痴漢を疑われた男性(推定20代後半~30代)がJR新橋駅の京浜東北線ホームから線路に飛び降りて、JR浜松町方面に逃走する事件が起きた。

 次いで日付が変わった12日の0時45分ごろ、やはり京浜東北線車内で30代女性とトラブルになった40代男性会社員が上野駅で降車後、駅員に引き渡されたが約30分後にスキを見て突然逃走を……。

 通報を受けた警察官が周囲を捜索した結果、近くの雑居ビルから転落した思しき状況で発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。

 24時間を空けずに連続して起きた2つの「電車内痴漢嫌疑事件」は、いずれも真相は判然とせず、前者が「線路内を逃走」、後者が「ビルから転落死」と、各顛末が違うものの、今年の3月以降続出している鉄道絡みの痴漢案件を象徴している出来事だった。

痴漢冤罪の対処法は「逃走」よりも「保険」へ

 事実、これらの報道を触れて、どういう「お客様」が、いかなる事情から「線路内に侵入した」のかを納得した方も少なくないだろう。仮に濡れ衣だとしても、警察が介入した途端、冤罪事件へと発展する可能性は濃厚で、精神的・社会的に被疑者が失う代償はあまりにも大きい。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。