>  >  > 脊柱管狭窄症には3タイプある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

「脊柱管狭窄症」の原因はPC・スマホ、車の運転!? ストレートネックから難病に!の画像1
脊柱管狭窄症の患者は背骨の「S字カーブが崩れている」のが特徴(http://jp.depositphotos.com)

 脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は、先天的または後天的に脊柱管が狭くなり、脊髄や神経が圧迫されるために、腰椎(ようつい=背骨の腰の部分)や頸椎(けいつい=背骨の首の部分) の脊柱管に病変が現れる難疾患だ。

 清水整形外科クリニック(埼玉県さいたま市)の清水伸一院長は、脊柱管狭窄症の患者への聞き取り調査を行い、「脊柱管狭窄症は、腰椎や頸椎だけでなく、胸椎(背骨の胸の部分)、足の四つの部位の異変が密接に関連する全身病」と結論づけている。

脊柱管狭窄症は、腰・首・胸・足の4大異変が招く全身難病

「脊柱管狭窄症」の原因はPC・スマホ、車の運転!? ストレートネックから難病に!の画像2

 脊柱管狭窄症の原因は何か?

 背骨を横から見ると、ゆるやかにS字カーブ(ナチュラルライン)を描いており、腰椎と頸椎は前方へゆるやかに弯曲し、胸椎は後方へ弯曲している。

 背骨のS字カーブは、およそ5~6kgもある重い頭や上半身を支え、足から受けた衝撃を吸収・分散させるので、背骨の椎骨や靭帯(骨と骨をつなぐ線維組織)、椎間板(椎骨間のクッション組織)の損傷・劣化を防いでいる。

 だが、脊柱管狭窄症の患者の背骨は、「S字カーブが崩れている」のが著しい特徴だ。

 つまり、腰椎は前弯が失われ硬直(腰曲がり)し、頸椎は前弯が失われまっすぐ頸椎(ストレートネック)になり、胸椎は後弯がひどくなる曲がり胸椎(ネコ背)の状態に陥っている。

 その結果、背骨にかかる負荷・衝撃が増すため、特に負荷がかかりやすい腰椎に病変が生じる脊柱管狭窄症の発症につながる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。