>  > 米軍の極秘実験に参加した男が見た未来がヤバい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

「タイムワープ」と呼ばれる現象は、果たして存在するのか――?

AlBielek.jpg
アル・ビーレック 画像は「onedio」より引用

 かつてアメリカ政府の超能力極秘研究プロジェクト「モントーク計画」に参加したというアル・ビーレック(1927~2011)は、その一環として2173年の世界で6週間、2749年の世界で2年間にわたり生活したと断言する。弟とともに同プロジェクトに参加していたという彼は、ある時突然、気がつくと2749年の世界に飛ばされ、そのまま2年を過ごすことを余儀なくされた。そうこうしているうちに、またも突然2173年で目を覚まし、弟と合流。6週間後、ようやく元の時代に戻ることができたという。


■恐怖! フィラデルフィア実験の流れをくむモントーク計画

「モントーク計画」とは、かの有名な「フィラデルフィア実験」の流れを受け継ぐ、アメリカ軍による極秘プロジェクトである。ご存じない読者のために、まずはこのフィラデルフィア実験から簡単に解説しよう。

AlBielek_2.jpg
画像は「BEFORE IT'S NEWS」より引用

 フィラデルフィア実験は、原爆の研究開発に携わったジョン・フォン・ノイマン博士が中心となり、1943年10月28日にフィラデルフィア沖で駆逐艦「エルドリッジ」に対して行われた極秘実験である。その目的は、天才科学者ニコラ・テスラが発明したテスラコイルを用いてプラズマエネルギーを照射すれば、物体がレーダーを回避できるようになるという学説を証明することだった。そして実験はエルドリッジに船員を乗せた状態で実行に移されたが、なんと船はレーダーを回避できるようになるどころか完全に消失し、2,500km以上離れたノーフォークにまで瞬間移動してしまう。数分後、エルドリッジは元の場所に戻ってくるのだが、船の中では乗組員たちの体が燃え上がる、凍りつく、半身だけ透明になる、さらに壁の中に吸い込まれる……など恐ろしい現象が起きており、多数の死傷者を出した。そして事件後、すべてはアメリカ軍によって隠蔽され、プロジェクトも中止されたのだ。

 しかし、それはあくまでも表向きの話。フィラデルフィア実験はモントーク空軍基地(正確にはニューヨーク州ロングアイランドのモントークにあるキャンプ・ヒーロー空軍基地)に受け継がれ、極秘裏に超能力やタイムワープの技術が研究され始める。それこそが「モントーク計画」なのだ。

コメント

6:匿名2017年9月 3日 15:05 | 返信

鉄鋼製の船は水との摩擦で磁化していくので誘導型の魚雷の餌食になります。
定期的に消磁しないといけない。
電磁石を使って消磁するのですが、実験的に高周波を使って試みた。
それに尾ひれがついて妄想や憶測も加えられてフィラデルフィア計画なんていうヨタ話ができた。
実際の出来事と言われているフィラデルフィア計画とは全く違うから‥‥。

5:匿名2017年7月 6日 14:12 | 返信

前進➞前身、旅すること➞旅をすること

なんじゃね?

4:匿名2017年6月25日 00:07 | 返信

何か真実味に欠ける

3:匿名2017年6月24日 11:56 | 返信

真意はさきおき、系統だっていていい文章じゃないでしょうか。
頭から否定するのではなく、いろんな仮説を立てて自分の中で
思考していくことが大事かと。頑張ってください。

2:匿名2017年6月24日 03:23 | 返信

フィラデルフィア計画自体ガセなのに・・・・

1:匿名2017年6月24日 01:55 | 返信

アタマ大丈夫?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。