>  > 世界の指導者がソックリさんばかりの真の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
SameFace_1.jpg
左:トランプ大統領、右:金正恩委員長 画像は「CNN」より引用

■平壌の酒場にて

 こんな話がある。平壌の酒場で1人の男が叫んでいた。

「あの、おかしな髪形のデブの暴君のおかげで俺たちの生活がおびやかされているんだ。核ミサイルで世界を脅せばいいだって? 勘違い野郎が!」

 すると即座に秘密警察が近づいてきた。

「お前には国家反逆罪の容疑がかかっている。言ってみろ。誰の悪口だ?」

 男は言った。

「ドナルド・トランプのことですよ。誰のことだと思ったんですか?」

 これは実はただのオープニングジョークではない。北朝鮮とアメリカというまったく異なる場所で、世代も生まれ育ちもまったく異なるふたりの暴君の外見の特徴がそっくりなのは、どうやら偶然ではないらしい。

SameFace_2.jpg
左:メルケル首相、中央:メイ首相、右:ヒラリー・クリントン氏 画像は「EXPRESS」より引用

■世界の指導者はソックリさんばかり!?

 実は、このような例は意外と数多く報告されている。トランプと大統領選を争ったヒラリー・クリントンはドイツのメルケル首相と顔つきがそっくりだ。そしてオバマ前大統領は、インドネシアのウィドド大統領と外見がそっくりなのである。

 陰謀論の世界では、「オバマ大統領が少年時代をインドネシアで過ごした頃にクローンと入れ替えられた」というが確信はない。それにしても、同じ顔をした人物が、アメリカとインドネシア、それぞれ異なる場所で2億5千万人の国民の中からトップに選ばれたのは偶然なのだろうか。

 日本でも安倍晋三、佐藤栄作、岸信介という名字がまったく違う3人の首相の外見がとてもよく似ていることが知られている(安倍晋三が岸信介の孫である点を差し引いても)。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。