>  >  > NEWS小山慶一郎、急激なファン離れの理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

NEWS

,

小山慶一郎

jkoyama18-200x300.jpg

 4月からスタートしたジャニーズの人気グループ「NEWS」のツアー「NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND(ネバーランド)」が6月11日の東京ドーム公演で終了した。スキャンダルだらけのグループを再生し、立て直したはずのリーダー、小山慶一郎のソロが観客のトイレタイムになるという悲惨な状況だった。

 ジャニーズ関係者は「ライブ中には4人それぞれソロ曲を歌います。ソロ曲の前にはVTRが流れ、曲が始まるんですが、小山のソロ曲前のVTRが始まると、何とトイレタイムのためか観客がゾロゾロとトイレに移動し始めたんです。ファンは何度もライブを見ていたり、ネットでセットリストを調べたりしているので、どこで小山の曲が流れるのか分かっているのでしょうが、あまりにも悲惨なシーンでしたよ」と明かす。

 そのソロ曲は昨年死亡した小山の愛猫「ニャン太」のことを歌ったもので、曲名「ニャン太」。「『希望を抱いて生きる』という歌詞があるんですが、その歌詞がファンのトイレタイム化を加速させたんですよ。なんせ、NEWSファンの間では、小山の恋人は元地下アイドルの『太田希望』と断定されてますから。ツアー前もツアー中もNEWSのスキャンダルがいろいろ出たのに、それでもファンはコンサートに来た。そんなNEWS愛のあるファンにとっては『小山はソロタイムの歌詞に彼女の名前をぶっこんで来るのかよ』と激怒ものですよ。しかも、自身のスキャンダルについて、一切、スルーですからね」と語る。

 小山と言えば3月に“旅館貸切事件”が表沙汰になった。小山が旅館を借り切っての大合コン時の音声がSNSにアップされたり、太田とのツーショット写真や小山のLINEが流出したりとスキャンダルが続いた。NEWS復活立役者のスキャンダル噴出に、ファンの愛は憎しみに変わったのだろう。そして、トイレタイムになってしまったのだ。

 NWESは2003年、9人グループとしてデビュー。度重なるメンバーの不祥事と脱退。そのためNEWSとしての活動休止状態が続いたこともあった。その後6人で活動をしていたが、2011年にメーンの山下智久、錦戸亮が脱退した。メーンがいなく、脇役キャラの4人だけになったNEWSに世間からは「イチゴのないショートケーキ」「具のないおでん」と言われた。

 前出関係者は「グループの解散もありかと言われていた。それを小山が『自分がリーダーになってNEWSを盛り上げたい!』と人一倍頑張った。ニュースキャスターとしてお茶の間の知名度を上げ、老若男女に知られるグループにした。さらに、手越祐也は日テレの『イッテQ』、加藤シゲアキは小説家、増田貴久は歌唱力の支柱として、それぞれがNEWSを引き上げ、大きなグループになったんです」と指摘する。

関連キーワード

NEWS

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。