>  > 美人局が増え続けている芸能界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
0614honeytrap_01.jpg

 未成年者との淫行が報じられた小出恵介が無期限の活動停止となった。この件ではさまざまな見解が存在し、一部では「ハニートラップ疑惑」も囁かれるが、否定的な意見がほとんど。とはいえ、ハニートラップに対する危機意識が上がっていることは確かだ。

 そこで、芸能界で生きる関係者にリアルな話を聞いてみた。

「芸能人に近づいて、一攫千金を得ようと考える女性はとにかく多いです。最近は芸能事務所も野球界と同じように美人局の講習会を開くなど、その対策に力を入れています。ですが、結局はプライベートで行われることですので、事務所の目が届かない場合も多いです」(芸能事務所関係者)

 美人局のようなケースは数多くあるということだが、具体的にはどのような事態が起こっているのか。

「言葉巧みに近づいて身体の関係を持つ、もしくは未成年者にもかかわらず酒の席に同席するケースが多いです。その上で数百万円レベルのお金を要求されます。特に酩酊するまで酒を飲むこともある酒好きな芸能人は狙われやすいです。そういった人物の扱いには事務所も手を焼いていますが……」(同)

 このようなトラップがあるからこそ、多くの芸能人は飲み会などで女性を紹介されても自制するように心がけているという。

 しかし、中には業界の身内がトラップを仕掛けてくることもあるそうだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。