>  >  > フジテレビのオワコン化は呪い! 関係者暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
FujiTV2017.jpg
フジテレビ社屋 画像は「Wikipedia」より引用

 凋落の一途を辿るフジテレビだが、今年も“安定して”転げ落ちている。5月に発表された2017年3月期の純利益は、15.7%減(約5億円減)の約28億円で減収減益。さらに社運を賭けた月9ドラマ「貴族探偵」が、平均視聴率8.72%と散々な結果に終わったように、視聴率も低空飛行が続いている。

「結局、亀山千広社長は退任し、権勢を振るった日枝久会長も会長職を退くことになりました。でも、これでよくなるとは誰も思っていませんよ。視聴率争いでテレ東に負けることも、もう珍しくありませんからね。今、局内では『振り向けばテレビ埼玉』と自虐的にささやかれています(笑)」(フジテレビ関係者)

“炎上”することも、もはやフジテレビならではの光景といっていい。最近も、ディズニー映画「アナと雪の女王」のエンディングを「みんなで歌おう!」という映像投稿企画にして大ブーイングを浴びせられたほか、情報番組「とくダネ!」では、結婚を発表した菊川怜に「祝脱・独身」という垂れ幕を用意し「セクハラだろ」と猛批判を浴びる始末。やることなすことすべて裏目に出てしまい、救いようがない。

 もはや、呪われているとしか思えないが、実際に霊能者が局内を霊視するとヤバイことになっているらしい。制作会社関係者が絶対匿名を条件に明かした。

「今から数年ほど前のことです。あるテレビ番組の企画で、霊能者をゲスト出演させたことがあったんです。するとその方が局に入るなり『うわ~、これは本当にすごいね』と驚いていたんですよ。聞けば、悪意を持った霊がいっぱいうごめいているというんです。特にヒドイのが編成局。『ここは霊のたまり場。絶対入ってはダメだから』と忠告されてしまいました」

 編成局は番組を決める局の心臓部。そこが霊のたまり場になっているとすれば、フジが転落するのもうなずける。同関係者が続ける。

コメント

5:匿名2017年6月18日 04:23 | 返信

全宗教を敵に回してるので
天王の呪いをまとってますよね。
みんな頭がおかしくなるらしいですよ。

4:匿名2017年6月17日 14:02 | 返信

CXの前の社屋は平河町ではなく河田町ですやん。
もしかして、江戸城の平河門を不浄門とも呼んだことと混同した?

3:匿名2017年6月17日 11:47 | 返信

痛々しいほどジャニタレにおんぶにだっこ。
いっそのことジャニタレが局内で恐怖体験する番組を作れよ。
ヤラセだろしてもジャニヲタどもが喜んで見てくれるぞ。

2:匿名2017年6月17日 11:27 | 返信

悪霊云々じゃなく、偏向報道と旧態依然とした駄作番組の数々が主な原因だと思うが?

1:匿名2017年6月17日 08:34 | 返信

同じフジサンケイグループの産経新聞は元気一杯だな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。