>  >  > 吉本芸人のトラブル続きで囁かれる“島田紳助・復活待望論”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

島田紳助

bigThinkstockPhotos-474411866.jpg

 吉本の若手芸人3名が、女性に対して集団強姦事件を起こし解雇された事件で、吉本興業内に激震が走っている。

「当て逃げでNON STYLEの井上裕介が謹慎処分を受け、ガリガリガリクソンは飲酒運転で検挙。立て続けに騒動を起こしたうえで起きた今回の強姦事件。女性が被害届を出したことで逮捕の可能性もある。吉本にも監督責任が問われる可能性もあり、関係者は当時の状況などをいまも加害者芸人から聴取しているところです。

 去年には、イケメン芸人として人気が出始めていたベイビーギャングの北見寛明が道交法違反で逮捕されるなど、ここ数年でお笑い業界でも所属芸人の犯罪行為が飛び抜けて多いのが吉本興業。芸人ゆえ破天荒なタイプが多いとはいえ、問題を起こしすぎです」(週刊誌記者談)

 そこには、吉本興業の運営方針が関係すると話すのは民放関係者だ。

「最近では芸人たちもネタにしていますが、とにかく現場にマネージャーが同行しないのが吉本興業です。芸人たちは、基本的にはよしもとクリエイティブエージェンシーと契約をしている個人事業主として取り扱われているため、吉本社員のマネージャーが同行しないことに文句は言えない立場なのです。明石家さんま、ダウンタウンレベルには数名のマネージャーが付きますが、売れっ子のフットボールアワーなどもスケジュールの関係でタレントだけが現場入りすることもあるとか。もちろん、テレビに出始めているレベルの芸人にはマネージャーがつかないことが多く、結果として現場は非常に荒れています」

 表面化していないだけで女絡みのトラブルは多く、ファンに手を出す若手芸人も多いという。

「最近では、人気芸人Xが事務所から厳重注意を受けたと聞いていますが、それによって夜に出歩く回数が減ったうえ、酒の席で聞いた面白話も披露してはいけないことになり、すっかりネタがない状態になったとか」(民放関係者談)

 過去には暴力団関係者との関係などが週刊誌に度々スクープされていた吉本興業。近年は、社長交代などでクリーンになったというが、内部でも様々な変革があったという。

「過去にはマネージャーが奴隷のように扱われ、夜中だろうが呼び出されれば直ぐにタレントの元へ駆けつける体育会系な会社でした。ただ、最近ではマネージャーに対して会社が社員をしっかりと守るようになり、無理な要求をすればタレントが呼び出され注意されることもあるほど。結果、マネージャーが今度は偉くなってしまい現場に同行せずにタレントだけ入れこむこともあるのだとか」(芸能プロダクション関係者談)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。