>  >  > ペニスを紐で縛り、吊るし上げられる強姦魔!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1706_raperdick_1.jpg
画像は、「Best Gore」より

 女性に対する強姦事件が多発するインド。しかし、女性の側も黙ってはいない。今年5月には、同国南部のケーララ州で強姦を試みた男(54)の性器が、ターゲットにされた女性によって切り落とされかけるという衝撃的な事件が起きている。地元警察によると、男は数年前からヒンドゥー教の聖職者を名乗って被害女性の自宅に出入りしており、彼女が10代の頃から猥褻な行為に及んでいたという。

 事件当日、男に襲われそうになった女性は自己防衛のために隠し持っていたナイフで性器を斬りつけた。男は病院に搬送されて緊急手術を受けたが、すでに90%以上の部位が切断されており、医師たちは性器の縫合は不可能と判断。彼は生殖機能を完全に失うことになってしまった。同州知事は、女性の自己防衛を“勇敢で強い行為”と称え、地元警察も女性が罪に問われることはないと発表している。

 一方、南アフリカでは強姦を犯した男が市民からリンチを受ける事件が発生している。海外ショッキングニュースサイト「Best Gore」には、残虐な仕打ちに怯える男の悲惨な姿を捉えた動画が公開されている。

 そこには、完全に下半身を露出した状態で、男性器を紐で縛られ、さらに吊るし上げられている男の姿が……。男は、暴徒と化した市民から木の板で全身を叩きつけられ、顔を蹴り上げられるなど数々の暴行を受けている。そして目撃者の女性からは、「男が2度と性交渉を行えないようにペニスを何度もハンマーで殴り潰されていた」という証言も……。

 強姦などの性暴力事件が世界で一番多い国として有名な南アフリカでは、2004年にも同国東部ヨハネスブルグ付近で、当時5歳だった少女が26歳の男に強姦される事件が発生している。少女を強姦した男はその後、事件を知った住民によって捕えられ、やはり性器を切り落とされているようだ。

 一度の過ちによって大きすぎる代償を支払う羽目になった強姦魔。しかし、被害女性が味わった屈辱や悲しみは、こんなものではなかったであろう。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年7月 9日 23:51 | 返信

こりゃ酷い、でも性犯罪って繰り返すからね
合法的な去勢が必要だね

1:匿名2017年6月19日 10:35 | 返信

アフリカのケープ州辺りの話らしい

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?