>  >  > 新・朝の嫌われ者が意外すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

キャスター

,

吉沢ひかる

みのもんたに匹敵!?「●●の場合には~」が口癖で現場でうっとおしく思われている新・朝の嫌われ者とは?の画像1

 規則正しい生活をしている人にとって、テレビを通した顔なじみといえば朝の報道番組や情報番組を担当しているキャスターだ。小倉智昭、羽鳥慎一、国分太一、井ノ原快彦、加藤浩次などの顔は出勤や通学前に見かけることが多いだろう。

 だが、この中には関係者から嫌われているキャスターもいると聞く。実際に日々接している関係者に話を聞いた。

「朝の情報番組のキャスターの中で、かつてダントツで嫌われていたのはみのもんたです。特に共演者やゲストからは総スカン状態でした。酔って局入りするなどの行動は自分でもネタにしていましたが、酔っててもまともに仕事をしてくれればいいのですが、彼の場合は進行を覚えないなど、それはひどいものがありました」(テレビ局関係者)

 酔って仕事現場にくる時点であり得ない話だが、その上さらに仕事もしないとなれば論外だ。嫌われるのは当然と言える。

「進行を覚えないので当然、ゲストに対してもひどい対応をしていましたね。番宣のために来たゲストにも無関係な話ばかりをして、最後まで宣伝はせずに終わったことが何度もあります。もちろんゲストや関係者は激怒しますから、みのもんたの番組には金輪際出ないという俳優や女優も多いですね」(同)

 宣伝に来たもののなにもできなければたしかに怒るのも無理はない。

 過去にはダントツの嫌われ者がいたようだが、現役のキャスターの中にもみのとは違う意味で嫌われている人物がいるという。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年6月29日 23:50 | 返信

「鬱陶しい」も正しく書けないのかよ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。