>  >  > 有村架純の姉に共感? 炎上タレントmisonoの実際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

misono

,

有村藍里

re-61N7Z0-YB5L._SY450_.jpg
家-ウチ-※アルバムが1万枚売れなかったら misonoはもうCDを発売できません。』(avex trax)

 芸能界には兄弟や姉妹でタレント活動をしている者も少なくないが、6月8日に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京)では、歌手・misonoとグラビアアイドル・有村藍里という“ネームバリューのある姉妹を持つ者同士”が共演した。

「歌手・倖田來未を姉に持つmisonoは、かつてはday after tomorrowのボーカルとして人気を誇っていたものの、最近はすっかり“炎上タレント”と化している。一方の藍里も、近頃“女優・有村架純の姉”として露出を増やし、『売名行為ではないか?』などと反感を買っています」(芸能ライター)

 藍里は番組で、架純と仲が良いとしながらも、「妹は実際スゴいしカワイイと思うんですけど、それと自分はまた別」などと、妹を意識していないかのような発言をしていた。しかし、以前は“新井ゆうこ”名義で活動していたのに、今年になって妹と同じ本名の“有村”を名乗るようになった藍里。出演者達からそこをツッコまれると、苦笑いを浮かべていた。

「結局、売名疑惑は払拭できておらず、そもそも姉妹仲も怪しいものです。ただ、人気者の妹と比べられてしまう苦悩や葛藤も多いのか、トーク中に藍里が涙を見せる一幕も。この時、misonoは『めっちゃ分かる』『めっちゃ大きい姉妹がいて、お姉ちゃん先デビューして……みたいな。だからめっちゃ気持ち分かるから、めっちゃ辛い思いしてきてんのも分かる』などと、同じ“姉妹タレント”として共感を示していました」(同)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。