>  >  > 糖質制限「ケトン体上昇=危険」の嘘
連載「肥満解読~痩せられないループから抜け出す正しい方法」第6回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

newdash.jpg
ケトン体は怖くない!(http://jp.depositphotos.com)

 糖質制限をすると次の2つのことが起こります。

①脂肪を燃やして肝臓でアミノ酸からブドウ糖を作るようになる(糖新生)
②ブドウ糖ではなくて脂肪酸をエネルギーとして使うようになる

 だから、体脂肪がどんどん減り、痩せるのでしたね(参考:糖質制限でどんどん「痩せる」のはなぜか? 秘密は体のハイブリッドエンジンにある!

 このとき、肝臓では長い脂肪酸から短い「ケトン体」という物質を切り出し、利用しやすいエネルギー源として血流に乗せて全身の細胞に送り届けます。

 ケトン体には「アセトン」「アセト酢酸」「βヒドロキシ酪酸」の3つがあり、全身の細胞が使うのは後者の2つです(アセトンは呼気から蒸発して体外に出ます)。

 理想的な糖質制限(断糖)食である「釜池式」では、このケトン体の血中濃度が高い状態が維持されます、この状態を「ケトーシス」といいます。

医師の間では「ケトン体命を脅かす恐ろしい物質」だと考えられてきた

 さて、このケトン体ですが、医師の間では「命を脅かす恐ろしい物質である。血液中の基準値を超えてはいけない」と長らく考えられてきました。その理由は、1型糖尿病の人は感染症や大けがのとき、あるいはインスリンを打ち忘れたときに、「糖尿病性ケトアシドーシス」という大変怖い状態になってしまうことがあるからです。

 「アシドーシス」とは血液が酸性になることで、こうなると我々の体はおかしくなります。全身の倦怠感や頭痛、不快感から始まり、放置すると死の危険さえあります。

 糖尿病性ケトアシドーシスの場合、血液を酸性にしている犯人は血液中に充満したケトン体と考えられ、そのため血液中でケトン体の濃度が高くなるケトーシスは、非常に危険なことだと糖尿病専門医の先生たちは恐れおののいてきたわけです。

 糖質制限を推進している糖尿病専門医の山田悟先生が糖質摂取を一食20g以上に設定しているのも、血中ケトン体値が基準値(125~130μmol以下)よりも高くなるのを避けたいからです(参考:「糖質制限」では「どのぐらい食べて」いいのか?釜池式・江部式・山田式の違いを徹底解説)。

 しかし、ケトン体って本当にそんなに怖いものなのでしょうか?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。