>  >  > 月光恵亮の覚醒剤事件に“謎の女”が浮上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ドラッグ

,

月光恵亮

rerere-ThinkstockPhotos-538870696.jpg

 トカナでは速報で報じたが、伝説のロックバンド「BOOWY」の楽曲制作に関わるなど、大物音楽プロデューサーとして知られる月光恵亮(つきみつ・けいすけ)容疑者(65)が、16日までに覚醒剤取締法違反(使用)容疑で警視庁組織犯罪対策5課に逮捕された。先に同法違反(営利目的輸入)容疑で逮捕された白井一祥(39)、畑中乙穂容疑者(26)が覚醒剤約1キロ(末端価格6400万円)を米国から密輸入。アシがつかないよう一旦、目黒区の民泊のマンションの一室に送り、そこから月光容疑者の渋谷区代官山のマンションに転送していた。

 月光容疑者はBOOWYのほか、氷室京介や「LINDBERG」など、複数の人気アーティストに関わった有名プロデューサー。1978年にレコード会社「ビーイング」の立ち上げに参加し、副社長を務めたことでもしられる。だが、近年は資金繰りに困り、複数の業界関係者から金を借りていたという。音楽関係者の話。「業界では『すでに終わった人』という認識です。本人は警察の調べに『仕事の忙しさから使ってしまい、やめられなくなった』と供述していますが、何の仕事をしていたかはわかりません」

 不可解なのは、逮捕された白井、畑中容疑者との“関係性”だ。白井容疑者は月光容疑者の元部下で、覚醒剤を密輸する役割を果たしていたが、畑中容疑者は当局の調べに月光容疑者と同じ東京・渋谷区代官山のマンションを「居住地」として申告したという。つまり「同棲していた」ということだ。これに社会部記者が首をかしげる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。