>  > 会話中に携帯を見る「ファビング」で人間関係崩壊!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 近年問題視されている「スマホ中毒(依存症)」。スマホ無しでは生きていけないという人々が世界中で急増しており、イギリス人やアメリカ人は平均して1日150回、4分~6分に1回は携帯画面をのぞいていると言われている。以前から長時間のスマホ使用による、睡眠時間の減少、視力の弱体化、姿勢の悪化による健康被害が報告されているが、この度、スマホの「ファビング」により人間関係を壊す可能性まであることが明らかになった。


■ファビングが順調な交際を破綻させる

会話中に携帯を見る「ファビング野郎(ファバー)」の特徴6つ! 人間関係を破壊する完全アウトな行為とは?(最新研究)の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 ファビング(phubbing)とは、phone(電話)とsnubbing(無視する、冷たくあしらう)を合成した造語で、徐々に英語圏で定着しつつある新しい言葉だ。「スマートフォンをはじめとするモバイル端末に熱中するあまり、現実社会で居合わせている人へ意識を向けず、コミュニケーションが阻害されてしまっている状況を指す語」である。(「weblio英和和英辞典」より)

 英紙「Daily Mail」(6月13日)によると、ファビングをする人(ファバー)の特徴は次の6つにまとめられるという。

・パートナーと一緒にいる時も、常に携帯を手元に置いている。
・頻繁に携帯をのぞくため、パートナーと長い会話が続かない
・(メッセージを受信して)携帯が鳴ると、パートナーの発言に集中できない
・会話の合間に携帯をチェックしてしまう
・パートナーと一緒にテレビを観ている時もCMになると、携帯をチェックしてしまう
・パートナーと一緒にいる時、緊急ではない電話でもついつい出てしまう

会話中に携帯を見る「ファビング野郎(ファバー)」の特徴6つ! 人間関係を破壊する完全アウトな行為とは?(最新研究)の画像2
画像は「Thinkstock」より引用

 そしてこの度、米・テキサス州ベイラー大学の研究者、ジェームズ・ロバーツ博士とメレディス・デイヴィッド博士が、このようなファビング行為を繰り返すことで、順調な交際関係を破壊する危険性があることを突き止めた。同論文はシカゴ大学出版局「The University of Chicago Press Journal」(3月17日付)に掲載されている。

「交際関係にある143人のうち、実に70%が“ときどき”、“頻繁に”、“極めて頻繁に”、
“いつも”、携帯電話によってパートナーとの会話が妨害されたことがあると回答しました」(ロバーツ博士)
「携帯電話の存在とその使用により、仕事などの関心と交際関係の間の境界線がどんどん不明瞭になってきています」(同)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。