>  >  > 顔面が完全に“パックリ”裂けても話し続ける男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

医師

,

山下史郎

,

皮膚

,

眼球

,

窒息死

,

筋肉

,

裂傷

,

顔面

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1706_slashedface_1.jpg
画像は、Internet Archive Book Images / Image from page 103 of "War surgery of the face. A treatise on plastic restoration after facial injury by John B. Roberts ... Prepared at the suggestion of the subsection on plastic and oral surgery connected with the office of the surgeon general. Illust (from Flickr, CC BY 2.0)

 昨年2月、東京都調布市に建つアパートの一室から、元の顔が判別不可能なほどメッタ刺しにされた89歳男性の遺体が発見された。殺害された男性の顔面には、凶器のハサミで何度も突き刺された跡があり、鼻や顎は骨折。頭蓋骨を貫通し、脳に損傷を与える程の刺し傷も複数見られたという。

 警察の捜査で、犯行に及んだのは被害男性の孫である23歳の男と判明。男は警察の取り調べに対し、「祖父の家に金の無心に訪れたものの、断られたことに腹を立てて殺害した」と犯行の動機を語っている。その後の司法解剖により、殺害された男性の死因は顔面に負った傷による出血が気道を通って肺に達したことによる窒息死と断定された。

 このように顔面が原型をとどめないほどの重傷を負った場合、多くの人間は命を落としてしまうものだ。しかし、海外動画共有サイト「LiveLeak」に投稿された映像には、顔面の皮膚がパックリと裂けながらも話し続ける男性の衝撃的な姿が収められている。そこに映っているのは、左側頭部から顔面中央にかけて皮膚が大きく裂け、垂れ下がった状態の男が病院の手術台の上に横たわる光景だ。

 医師が皮膚をベロンとめくると顔面内部の様子がまる見えで、眼球を支える筋肉の様子まで鮮明に確認することができる。男性は意識もハッキリしており、医師と言葉を交わしているのだが、裂けてめくれた皮膚がピクピク動く様は、身の毛がよだつおぞましさだ。

 今年5月に95歳で亡くなった女優の月丘夢路も、43歳で悲惨な交通事故に遭い、顔面に全治3カ月もの重傷を負っている。当時、ドラマの撮影を終えて帰宅する途中で衝突事故に見舞われた彼女は、割れたガラスの破片により右目上から額にかけて約10cm、深さ5mmを裂傷を負ったほか、頭部や顔面に40カ所近くの傷を負っていたという。

 顔面がパックリ裂けても会話を続けている様は、まさに人体の奇跡としかたとえようがない。
(文=山下史郎)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?