>  >  > 最新研究でわかったくしゃみのハンパない暴力性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

くしゃみ

,

免疫

,

吉井いつき

,

,

,

微生物

,

緑膿菌

 くしゃみをした時、その飛沫がどこまで飛んで行くか試したことはあるだろうか? 飛沫の中に含まれる病原菌がいつまで部屋の中を漂っているか、考えたことはあるだろうか? オーストラリアの大学による研究で、その驚きの真実が明らかになった。なんと病原菌は最大4m先まで飛ぶとともに、45分間にわたり生きたまま部屋の中を漂うという。

0623cough-1.jpg
画像は「Science Alert」より引用


■最新装置でくしゃみを分析

 くしゃみや咳は感染症の主要な感染経路の一つだが、実は感染を広げるメカニズムについてはあまりわかっていない。そこで今回、オーストラリア・クイーンズランド工科大学の研究者らは新たな実験装置を作り、くしゃみで飛び散った飛沫がどのように広がるか、飛び散った病原菌がいつまで生きているかを調査した。同様の実験は過去にも行われているそうだが、今回の研究では実際の感染症患者に協力を依頼し、閉鎖されたドームに向かってくしゃみをしてもらっている。このように本物の患者のくしゃみについて詳細に検討されるのは、世界で初めての試みだという。

0623cough-2.jpg
実験装置 画像は「PLOS ONE」より引用

 今回調査された病原菌は緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)という、どこにでもいるありふれた微生物だ。健康な人ならば感染しても症状はほとんどないのだが、免疫力の低下した病人や老人に感染すると、敗血症などの重篤な疾患を引き起こすこともある。実験では、緑膿菌に感染した患者たちのくしゃみや咳による飛沫の状態が詳しく観察された。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。