>  >  > 太陽の10億倍明るいレーザー「ディオクレス」が爆誕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

レーザー

,

,

光子

,

太陽

,

物理学

,

電子

【衝撃】太陽の10億倍明るいレーザー「ディオクレス」が爆誕!  モノの姿を完全に変質させるパワーが判明!(最新研究)の画像1
画像は「Phys.org」より引用

 ネブラスカ大学リンカーン校の研究者らが、太陽の“10億倍”明るいレーザーを開発し、物の姿を変形することに成功したとのニュースが舞い込んできた。


■太陽の10億倍明るいレーザー

 オンライン科学ニュース「Phys.org」(6月26日付)によると、研究チームは今月26日、科学ジャーナル「Nature Photonics」に研究成果を掲載。米国最高のレーザー装置の1つ「ディオクレス・レーザー」を物体に照射した結果、超高光度の光を物にあてることで、その姿をすっかり変質させてしまうことが分かったという。

「レーザー光を照射することで、モノの姿が変わったかのように見えるのです。通常は経験できないものです」(ネブラスカ大学リンカーン校ドナルド・アンスタッダー教授)

【衝撃】太陽の10億倍明るいレーザー「ディオクレス」が爆誕!  モノの姿を完全に変質させるパワーが判明!(最新研究)の画像2
画像は「Phys.org」より引用

 一般に、太陽や蛍光灯といった光源から発せられた光子が対象にぶつかり、物質中の原子核を取り巻く電子雲と相互作用することで、我々は物を見ることができる。その時、光源の明度は光子と電子が相互作用する仕方には影響せず、光子は電子とぶつかった後、一定のエネルギーと角度を維持するという。

 今回アンスタッダー氏らは、ヘリウム中に浮いた個々の電子を太陽の10億倍の光度を持つ「ディオクレス・レーザー」で照射。通常、同時に相互作用するのは1つの光子に対し1つの電子であるが、実験では300億分の1秒の間に1つの電子を1000個の光子で“爆撃”することに成功したという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。