>  >  > キノコの突然変異で人類滅亡か!? 天才少年が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
TGWATG_11.jpg
和田匠平さん(撮影:編集部)

 人間はとかく自らが地球の支配者であり、世界をコントロールしていると思いがちだ。しかし、トカナがこれまで何度も指摘してきた通り、その考えは完全に間違っている。私たちは、地球上で共に暮らしている他の生命のことさえ、実はまだよく知らないのだ。たとえば、キノコに“感染”する――そう聞いて「毒キノコでも食べたのではないか?」と考えたあなたは甘い。実はキノコも、菌類(真菌類)に属する微生物であり、人間に感染して危害を及ぼした例などいくらでもある。

TGWATG_17.jpg
© Gift Girl Limited / The British Film Institute 2016

 ある日突然、そんなキノコが人類に牙をむき、本気で私たちを滅亡させようと立ち向かってきたら……!? かねてよりこのリアルな脅威に危機感を募らせていたトカナ編集部。そして今回、キノコの突然変異で人間がゾンビ化、破滅へと向かう世界を描いた映画『ディストピア パンドラの少女』の公開に合わせて、なんと「天才中学生キノコ博士」として名高い和田匠平さんへの単独インタビューが実現! 知られざるキノコの“真の実力”について、徹底的に語ってもらった!


■タイワンアリタケの突然変異で人類滅亡か!?

――これまでトカナにご登場いただいた識者のなかでも、和田さんは最年少です。そんな天才的キノコ博士に、まずは率直に伺わなければなりません。キノコが人類に危害を加えようと立ち向かってくる、そんな未来はあるのでしょうか?

TGWATG_12.jpg
和田匠平さん(撮影:編集部)

和田匠平(以下、和田)  ありがとうございます。映画『ディストピア パンドラの少女』ではタイワンアリタケが突然変異を起こして、そのパンデミック(爆発的感染拡大)によって人類がゾンビ化してしまうという設定でしたね。

 このタイワンアリタケ、実はアリをゾンビ化させるキノコとして知られています。アリに寄生すると、身体や行動を完全に支配してしまい、胞子の拡散や真菌の成長に適した場所、葉の裏などに時間が来ると一斉に移動させ、アリに葉を噛ませて死んでも落ちないように準備してから殺します。その後、アリの身体を突き破るように新しい子実体(キノコにとっての生殖器官であり一般的にキノコと呼ばれる目に見える部分)が生えてきます。

 これが実際に突然変異を起こして、人間に寄生するようになる可能性ですが――低いとは思いますが、ゼロとも言い切れません。これまでにも、真菌が人間に感染した例はたくさんありますから。といっても今のところ子実体が発生したり、行動を支配するような例はありませんが、突然変異があれば何が起こるかわかりません。もし、アリに感染するのと同じ経路で人体に感染すると、映画に近いような状態になるんじゃないでしょうか。

――というと? どんな状態になるのでしょうか?

TGWATG_3.jpg
© Gift Girl Limited / The British Film Institute 2016

和田  タイワンアリタケに感染した人間は、思考を支配されゾンビ化し、集合したのち絶命、やがて皮膚から子実体が発生し、結実部と呼ばれる実のようなものができましたね。この経過は、まさにタイワンアリタケに寄生されたアリの末路と同じです。前からタイワンアリタケほどゾンビ映画にうってつけの存在はないと思っていたので、「やっと出てきたな」という感じで嬉しくなりました。

――とても恐ろしい話です。もしも人間への感染が現実の事態となれば、もう人類は滅亡、世界はおしまいですよね!

コメント

1:匿名2017年6月30日 16:13 | 返信

映画の宣伝かーい!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。