>  >  > フジテレビが積極的に“後ろ向き”になっていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

フジテレビ

,

吉沢ひかる

0612hyoukin_01.jpg
※イメージ画像:フジテレビ開局50周年記念『オレたちひょうきん族 』

 フジテレビにはかつて我が世の春を謳歌した黄金時代があった。だが、近年はそのことも忘れ去られてしまうほど、それぞれの番組の視聴率が低迷している。

 当然ながら、内部にいる人は起死回生を図ろうと努力を重ねているという。しかし、その努力の方向が間違っていると聞きつけ、取材を行った。

「今のフジテレビは何をやってもダメな状況。少し前までは新番組の企画を練るなど前向きな会議が行われていましたが、今は真逆の状況に陥っています。『これで大丈夫か!?』という声が至るところで聞こえてきています」(テレビ局関係者)

 真逆とはどういうことなのか。

「フジテレビが過去に放送して人気があったバラエティー番組やドラマを改めて見直し、そのリバイバル、リメイクを放送しようとしているんです。実際、過去の人気作品の分析を命じられ、それを現代版に置き換える方法を考案するよう指示されたスタッフもいます」(同)

 たしかに未来を見ているとは言い難い。しかし、なぜそのようなことを行うのか。

「人気があったバラエティー番組やドラマは、かつてのタイトルのまま放送すれば興味本位で見てくれる人もいるだろうという思惑があるみたいです。ただ、時代が違うので今放送して視聴率が取れるのかは局内でも懐疑的です。そもそも新しいものを生み出そうとする姿勢を捨てていいのかという声もあります」(テレビ番組放送作家)

 かつてのフジテレビはテレビ局の雄といわれ、新しいタイプの番組も次々に生み出してきた。だからこそ、この姿勢には少なからずショックを受けるが、そうしてまでも数字を取らなければならない切迫した現状があるという。

関連キーワード

コメント

3:匿名2017年7月 9日 07:43 | 返信

10年以上前、某企業がフジテレビを買収していれば流れは変わっていたかもしれませんね。

2:開花神道2017年7月 4日 16:40 | 返信

温故知新ってのは、それほど悪いことでは無いと思うぞ。

新しい事をやるなら若い人材を大抜擢する必要があるのだろうけど、その下準備として、過去の成功例を若手に学ばせてるのなら、なかなかどうして、前向きに考えてるんじゃ無いの?

まあ、俺がフジテレビの社長ならば、日本の季節感や巷の流行「旬」をもっと意識した番組制作を心がけるように指示するけどな。

ダブつき気味な芸能人達を、1人でも多く養う為の公共事業みたいな番組制作をやめにして、季節限定・期間限定のメリハリの効いた番組を多数制作するならば、下手な鉄砲も数撃ち当たって、V字回復の芽も出てくるんじゃ無かろうか?

1:匿名2017年7月 3日 12:55 | 返信

朝鮮資本を排除して腐った根っこから直さないとなにやってもむだ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。