>  >  > 『27時間テレビ』の内容がガラリと変わる黒すぎる事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
0621kayakuda_01.jpg
※イメージ画像:『FNS27時間テレビ「ビートたけし中継」presents 火薬田ドン物語(仮)』

 毎年、夏の恒例行事として放送されてきたフジテレビ系列の大型特番『FNS27時間テレビ』が大きく変わろうとしている。今年はビートたけしを総合司会に迎えるが、その放送予定は9月だ。さらに、内容も歴史をテーマにしたもので、バラエティ色が排除される可能性が高いという。

 視聴率不振に悩むフジテレビだけに、歴史ある大型特番にもメスを入れたと考えられるが、実際にはほかの事情も複雑に絡んでいると関係者から聞いた。

「今回、放送時期をズラした理由のひとつは、過去の『27時間テレビ』とは全く別の番組になるということをアピールするためだといわれています。今年も過去の視聴率とは比較されるでしょうが、時期が違えば大コケしても言い訳できます。さらに、もうひとつの理由として、これまでの『27時間テレビ』で行ってきた恒例コーナーを打ち切る言い訳にもなるという点が挙げられます」(テレビ局制作関係者)

 恒例コーナーの打ち切りとはどういうことか。

「それこそが大ナタを振るった本当の理由といわれていますが、そもそも今年の『27時間テレビ』の放送を考える上で最大のネックだったのが『さんま・中居の今夜も眠れない』でした。

 詳細が発表される日にはまだ中居正広さんがジャニーズ事務所に残留するかどうか不明だったので、例年通り放送した場合、退所報道が出たあとに番組に出演する可能性があったんです。それは事務所にとって最悪。そのため、中居さんの動向を把握した上で放送するために9月に放送をズラしたといわれているんですよ。仮に残留なら何事もなかったように同コーナーを放送し、事務所を辞めるならコーナーを放送しないという手筈が整えられていました。そして残留が決まりましたので、同コーナーを存続する方向で調整されると思います」(同)

 驚くべきことに、SMAP解散の余波によって歴史ある番組の放送時期が変わったのだという。だが、結果的には歴史をテーマにするなど番組内容まで変わってしまったのは、なぜなのか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。