>  >  > 東京湾に現れた驚異の紡錘形UFO!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

SID-1

,

SPOC

,

UFO

,

オーブ

,

北島弘

,

東京湾

,

紡錘形

 さまざまな不思議なものを捉え続けている宇宙現象観測所センターのSID-1が、またしても驚愕の映像を捉えていた。SID-1は大気圏内の宇宙や空中で何かの動きがあるとそれを検知し、連続記録することができる、いわば自動観測撮影装置ロボットだ。


■ダークグレイの不思議な形状

 今回紹介するものの驚くべき点は、その特異な形状である。ダークグレイの紡錘形というべき雨粒を逆にしたような物体が東京湾上空を飛行していったのである。

 元の動画はいつものように、SID-1が撮影した画像の一部として宇宙現象観測所センターで公開している。

Space Phenomena Observatory Center (SPOC)
http://spacephenomena.blog.fc2.com/

 また、一部YouTubeでも公開している。

不思議な形状のUFO 東京湾に現れた紡錘形の未確認飛行物体 ダークグレイの不思議な形状 動画は「SPOC」より

 その動画から切り取った静止画を見ていただこう。

spindleshapeufo1.JPG

 東京湾上空のUFO。撮影日は2017年1月15日16時17分13秒から動画記録が始まっている。SID-1のレンズから画角西南西240度の方向から南西211度まで記録されていた。

spindleshapeufo2.JPG
白矢印がその謎の物体

関連キーワード

SPOC
UFO

コメント

2:匿名2017年7月17日 10:42 | 返信

こういう形は「紡錘形」っていわないと思います。

1:匿名2017年7月 5日 20:43 | 返信

何の変哲もない鳥の映像をこの人はどこまで妄想拡大解釈させているんだろう
翼がないって? 逆光でボケた鳥を遠くから撮影すればそこまで識別はできないのは当たり前だろ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。