>  > 【周波数のミステリー】A=440Hz 対 432Hz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

「A=440Hz」をご存知だろうか。1953年に国際標準化機構(ISO)で定められた基準周波数のことで、「国際標準ピッチ」とも呼ばれている。音楽の世界では、チューニングの基準となる音の高さであり、万国共通だ。


■「A=432Hz」には“癒やし効果”がある

 A=440Hzの身近な例では、NHKの時報が挙げられる。あの「ピッピッピ、ポーン」は、A=440Hzの音が3回鳴った後、A=440Hzより1オクターブ高い880Hzが1回鳴っているのだ。

 我々の生活にすっかり溶け込んでいるA=440Hzだが、歴史をさかのぼれば、昔はそこまで厳密に基準が決まっていなかったという。17世紀のヨーロッパではA=370~560Hzくらいだったし、日本でも1948年にA=440Hzが導入される前は、435Hzがスタンダードだったそうだ。

stuttgartpitch1.JPG
EWAO」の記事より

 そんなふうに紆余曲折あった標準ピッチだが、長年、音楽ファンの間で議論されていることがある。それが「A=440Hz 対 A=432Hz」だ。ちなみに、古代のエジプトやギリシアではA=432Hzが楽器の調律に用いられていたという。A=440Hzに比べれば、ややマイナーな存在とされるA=432Hzだが、音楽通の中には隠れファンも多い。理由は、その“癒やし効果”にあるようだ。


■ヒーリング音楽のほとんどがA=432Hz

 オルタナティブ・ニュースサイト「EWAO」によると、A=432Hzは、正しく目的を持って採用すると、深いリラクゼーションに役立つという。なるほど、ヒーリング音楽のほとんどがA=432Hzなのもうなずける。

 万物は、それぞれが異なる周波数で振動するエネルギーにより構成されている。人間も例外ではない。我々の身体は約70%が水でできているから、音の周波数が人間の振動状態に影響を与えるとしても、なんら不思議はないだろう。ちょうど、朝露がひとしずく静かな湖面に落ちると、大きな波及効果が生まれていくように。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。