>  >  > 2017年上半期芸能界から消えた8人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

加藤宏和

,

芸能人

kid.jpg
画像は「アミューズ」より引用

 6月8日、芸能事務所のアミューズは所属俳優の小出恵介が、17歳の女子高生との飲酒と淫行を理由に無期限で芸能活動を停止することを発表した。翌日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)の記事によると、5月9日深夜、小出は大阪・ミナミのバーで飲んだ後、この女性を宿泊先の帝国ホテルに連れて行き、無理矢理行為に及んだという。本人はこの行動を事実と認め、事務所側は処分を決めた。

 このような活動停止のほか、今年は謹慎、休業、引退となった芸能人が非常に多い。

■狩野英孝

0629_kanou.jpg
※イメージ画像:『狩野英孝の生まれつきイケメンです』

 小出と似たような例として挙げられるのは、今年1月、17歳の女子高生との淫行疑惑で「フライデー」に報じられたお笑いタレントの狩野英孝だ。狩野は「彼女は22歳だと聞いていた」と主張し、故意の淫行は否定。しかし、昨年から私生活においてのスキャンダルが続いていたため、所属事務所のマセキ芸能社は無期限謹慎を発表。その後、6月1日に処分は解除されている。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年7月12日 16:30 | 返信

いくら何でもももち、乃木坂の子、堀北真希は淫行マンと同列に扱ったるなや
バカナん?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。