>  >  > 奇習! 江戸時代版デリヘルの実態!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
kishu0713_02.jpg

【日本奇習紀行シリーズ】 日本海沿岸

 江戸時代に隆盛を極めた菱垣廻船や樽廻船などからもわかるように、比較的早い時代から、海運業の栄えていたわが国においては、それが欧州のように遠くの島々を目指すものではないとはいえ、思いのほか、多くの人々が“海の男”として人々の暮らしを支えていた。無論、途中途中で細かい寄港を繰り返すため、諸外国の外洋艦隊などと比較すると、一回あたりの航海はさほど長いものではなかったが、結果としてこうした労働に従事する男たちは、一年の大半を洋上で過ごす者も少なくなかったという。しかし、それゆえ、どうしても“広義の女手”が不足しがちであった。

「そりゃあ大昔はこのあたりの港もかなりの賑わいだったという話でね。今じゃ見る影もないけどもさ(苦笑)」

 かつて多くの船の寄港地として栄えた時期もあったという、日本海沿岸のとある地域に現在も住む元漁師・横山清三さん(仮名・81)は、当地が隆盛を極めた時代を、古い世代の人々から伝え聞いた数少ない生き証人の一人だ。

「古くは海賊みたいな素性の知れない人らがいた時代から、このあたりは港町として栄えていたという話でね。そのあと、江戸時代くらいから廻船の通り道になって。それはものすごい活気だったっていう話だね。けども時代が進んで日本も大きい国になって、遠いところまで船が行くようになってからは沈む一方。今じゃご覧の有様だよ(苦笑)」

 横山さんがその幼少期に聞いたところによると、当地は倭寇と呼ばれる海賊たちが跋扈していた時代から港町として成立し、その後、江戸期に入ってからは廻船の寄港地として発展したという。無論、当時の賑わいは今ではその痕跡さえ確認することはできないが、最も栄えたという江戸晩期に差し掛かる頃には、自然発生的に“裏の色町”としての側面も持つようになっていたという。

「幕府の目が厳しいものだから、表立って郭の類をこさえることができなかったみたいでね。けども、“そういう需要”はあるものだから、ここいらの人らは女衆をかき集めるだけかき集めて、“女貸し”みたいなことをしてたっていう話だよ」

コメント

1:匿名2017年8月 2日 12:37 | 返信

江戸時代は封建制だというのが理解できてないようやな。
中央集権やないんやぞ、全国の遊郭に目を光らせるか。
遊郭を統制するのはその港を領有する大名や。
吉原を統制していたのは、幕府の直轄地にあるからや。
その港が天領(直轄地)なら別やが、この書きぶりじゃ、そもそも理解してないようやな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。