>  > 「ここ数年のアジア映画でNo.1」/石井光太インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
Rosa_1.jpg
© Sari-Sari Store 2016

 スラム街、むせかえる熱気とスコール、迷路のような路地、密集する家、車のクラクション、全方向から飛び交う人間の声……見ているだけで息苦しくなるほど圧倒的にリアルな「フィリピンの貧困」を描いた映画『ローサは密告された』が 7月29日(土)より、シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開予定だ。本作は第69回カンヌ国際映画祭主演女優賞受賞し、本年度アカデミー賞外国語映画賞フィリピン代表として選出されるなど、映画作品としての質の高さも話題にされているが、なんといっても見慣れたフィクションとも、ありふれたドキュメンタリーとも違うリアルな映像と心理描写に驚かされる。ロドリゴ・ドゥテルテ大統領政権下で世界から注目を集めるフィリピンの闇と真実を知ることができる決定的映画である。

【あらすじ】
ローサはマニラのスラム街の片隅でサリサリストアを夫ネストールと共に経営している。かつての日本の下町のように、密集して暮らす人々のつながりは深い。ネストールはいつもだらだらしてばかりだが気は悪くない。店を切り盛りするのはローサ。ローサには4人の子供がおり、彼らは家計のため、本業に加えて少量の麻薬を扱っていた。ある日、密告からローサ夫婦は逮捕される。さらなる売人の密告、高額な保釈金……警察の要求はまるで恐喝まがいだ。この国で法は誰のことも守ってくれない。ローサたち家族は、したたかに自分たちのやり方で腐敗した警察に立ち向かう。(あらすじおわり)

 果たして、東南アジアの中で東京から最も近い都市であるマニラで拡大する貧困の実態とはどのようなものなのか? 今回はフィリピン取材をはじめ、アジアの障がい者や物乞いを描いた『物乞う仏陀』(文春文庫)、知られざるイスラムの性や売春を描いた『神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く』(新潮社)など数多くの作品を発表している作家の石井光太氏に話を伺った。


rosaDSC_0019.jpg
画像は、石井光太さん

――『ローサは密告された』はフィリピンの貧困家族を描いた映画ですが、どのレベルの貧困を描いた映画なのでしょうか?

石井 これは貧困のなかでも本当にごく普通の“一般的な貧困家庭”ですね。貧困やスラムといっても一口には表現できませんが、この映画が、一般的な貧困家庭がひしめくマニラのスラムの一角で今も繰り広げられる“負の連鎖”を正確に描いた傑作であるのは間違いないです。ここまでリアルに現代の貧困を描けるのか……、と感動しましたね。


Rosa_2.jpg
© Sari-Sari Store 2016

――負の連鎖といいますと?

石井 まず、「スラム社会」では善悪があいまいになるケースが多々あるということを知っておかなければなりません。生活自体が成り立たないのですから、ある人は麻薬を売って食べていかなければならいし、ある人は売春をしなければならない。だからいわゆる“グレーゾーン”が必要なんですね。

 警察ですらろくに給料がもらえなかったり、副業をしないと食べていけないスラムという世界において、完全なる“白と黒”は存在しません。そんなグレーな世界の中で、ギリギリのバランスを保って、主人公の家族たちはちゃんと“尊厳”を持ってある程度幸せに生きていたわけです。スラムなんてどこにでもあるし、そんな家庭は珍しくありませんから、彼らにとってグレーな世界で生きることは別に“普通”なんですね。

Rosa_3.jpg
© Sari-Sari Store 2016

 しかし、麻薬取引を知人に密告されて警察に捕まるや否や、司法取引によって大金の20万ペソを支払うことを要求されてしまう。そこからはもう尊厳やプライドがガタガタと崩れる一方です。子ども達は、親の保釈金を用意するために、同性愛者の知人にケツの穴を掘らせたり、仲の悪い親戚に金を無心したり、汗だくになって家財を売りに出て街の人々から白い目で見られたり……とアイデンティティが崩壊するような苦労をして、金を集めます。

 この映画のすごいところはココなんです。スラム社会などのグレーな社会では、白黒をつけたとたん、人間性が否定されたり、プライドを捨てなければならないという、人間の根本を破壊される残酷な現実が押し寄せる怖さを描いているのです。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。