>  >  > 避妊ピルで世界中の魚がトランスジェンダー化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
【悲報】避妊ピルで世界中の魚がトランスジェンダー化! 英オス魚の20%が卵子を保有、日本や米国もヤバイ事態にの画像1
画像は「Thinkstock」より引用

 LGBTの社会的認知が騒がれる昨今、水の中でもオス・メスにおさまらない第3の性が台頭しているというニュースが舞い込んできた。なんとオス魚たちがトランスジェンダー化しているというのだ! 一体どういうことだろうか?


■オスの川魚がメス化している

【悲報】避妊ピルで世界中の魚がトランスジェンダー化! 英オス魚の20%が卵子を保有、日本や米国もヤバイ事態にの画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 英紙「Daily Mail」(7月3日付)によると、なにもオス魚たちは自らの意志で性別に異議を申し立てているわけではなく、その背景には人間の手による河川汚染があるという。

 問題となっているのは、トイレに流されたピル(経口避妊薬)や、下水に流された洗剤、プラスチック、化粧品などに含まれる化学物質だ。これらの化学物質には女性ホルモン「エストロゲン」や、それと似た働きをする物質が含まれており、川魚のオスがこれに曝されると、メス的な特徴を持つようになるという。

 イギリス・エクスター大学の研究チームが、イギリス国内50の河川を調査したところ、オスの川魚の20%、実に5匹に1匹の割合で、精子が減少し、卵子が生成されているなど、メス的な特徴を帯びていることが明らかになった。

【悲報】避妊ピルで世界中の魚がトランスジェンダー化! 英オス魚の20%が卵子を保有、日本や米国もヤバイ事態にの画像3
画像は「Daily Mail」より引用

 さらに、下水処理施設から採取された200以上の化学物質にエストロゲンと同じ効果を持つものが見られ、それらの中にはオスの魚をトランスジェンダー化するのみならず、予想外の方法で魚の生理的機構に影響するものもあったという。この影響を受けたオスの魚は、メスにアピールするための攻撃性や競争力が減退し、交尾が難しくなるとのことだ。その上、トランスジェンダー化したオスの子孫は、化学物質による変化をさらに敏感に受けるようになるため、問題はさらに重大である。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。