>  > 世間を震撼させる大事件の裏ではなにが起こっているのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

事件

,

清原和博

,

記者

0704kishakisha_01.jpg

 日本の報道体制のなかで、省庁から情報をいち早く入手し、現場に急行できる大手テレビ局や新聞社。その莫大な費用と人員を取材に割けるのも彼らの強みだ。しかしながら、インターネットが普及して以降は取材したにもかかわらず、不確定な情報を流せば、それこそ「マスゴミ」と総バッシングを受けることもある。 

 彼らは事件をどのようにして掘り下げていくのだろうか? マスコミ勤務の記者が匿名を条件に、殺人事件や芸能人覚せい剤使用事件の裏側などについて語ってくれた。

――基本的なことですが、事件発生からニュースとして流すまでの流れとは?

記者 まず当局(警察署)から、各記者クラブへ情報が流れます。その情報をもとに、各社の記者が取材を行い、ふたつをまとめてニュース番組などで放送しています。だから、よく言われるように政府の発表を垂れ流しているだけではないんですよ。毎日大量のニュースがありますからね。なかにはそうしたケースもありますが……。

――最近では、当局からではなくインターネットからもネタを拾っているとも聞きます。

記者 5月24日、元KAT-TUNの田中聖が東京都渋谷区道玄坂でワンボックスカーの中に、微量の乾燥大麻を所持していたとして現行犯逮捕され、6月7日に処分保留のpまま釈放されました。この事件はおそらく一般の人のTwitterから報道各社は情報を得たと思われます。というのも、田中逮捕劇の一部始終を目撃していた人物が、Twitterにその模様を投稿していたのです。

――なぜ、そのように考えられるんでしょうか?

記者 実は、在京キー局はTwitterを常時監視するシステムを導入しています。共同通信社から出資を受けているJX通信社が開発した「FASTALERT」はNHKやレスキューナウなども活用しているのですが、これらの緊急情報配信システムが、TwitterをはじめとするSNSから事件や事故、災害などの情報を収集しているんですよ。

 またNHKはこうしたシステムに加え、アルバイトを100人ほど雇い、24時間体制でTwitterなどのSNSを監視しているともいわれています。

――各局の情報収集能力は個々人のSNSにまで及んでいるんですね。ですが、そのようにしてネタを集めるだけではなく世間を震撼させるような事件が起きた場合は、昼夜問わず現場へ駆けつけるわけですよね?

記者 もちろんです。たとえば、未明に事件が起きれば、それこそ電話で叩き起こされ、着の身着のままで現場に向かうこともあります。

――世間を震撼させる事件といえば、昨年、7月26日未明に神奈川県相模原市の障がい者施設「津久井やまゆり園」で19人が殺害され、27人が負傷した相模原障害者施設殺傷事件が思い浮かびます。同事件の植松聖容疑者には大麻の陽性反応が出たと報道されましたね。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。