>  >  > NASAが火星に「原発」を建設予定であることが発覚!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

NASA

,

エネルギー

,

原発

,

火星

,

火星探査

【ガチ】NASAが火星に「原発」を建設予定であることが発覚! 火星植民地化に向け、2カ月後に実験開始!の画像1
画像は「The Independent」より引用

 今から13年後、2030年に差し迫った「火星移住計画」。最近では、イーロン・マスク氏率いる「スペースX社」が、火星に到達できる有人宇宙船の運用を2022年~2024年ごろに始め、火星に自立した文明を築くと発表し、注目を浴びているが、世界最高の宇宙開発機関「NASA(アメリカ航空宇宙局)」の存在も忘れてはいけない。


■火星に核分裂炉を建設する目的とは?

 今年3月、米大統領ドナルド・トランプ氏が「2033年までに人類を火星に送り込むよう指示する法案」に署名したこともあり、この度NASAが有人火星探査に向けた具体的なプランの1つを公開。なんと、火星でのエネルギー問題を解決するため、ウラン原子を利用した「核分裂反応炉」の火星での運用を目指し、今年中に実験を開始するというのだ!

 英紙「The Independent」(7月2日付)などによると、有人火星探査を実現する上で最も重要な課題はエネルギー発電であり、NASAの技術部門では、過去3年間にわたり「小型核分裂反応炉開発計画」を温めてきたという。そして、遂に地球でのテスト運用を今年9月から2018年1月にかけて実施するということだ。

【ガチ】NASAが火星に「原発」を建設予定であることが発覚! 火星植民地化に向け、2カ月後に実験開始!の画像2
画像は「Scientific American」より引用

 2008年のNASAのレポートでは、燃料、空気、飲み水の生産、探査機の充電器、科学機材など、火星探査には40kWのエネルギーが必要とされ、これは“8軒分の家が消費するエネルギー量”に相当すると報告されているが、9月に実験が予定されている全長1.9mほどの核分裂炉では、1つあたり10kWの電力を発電することができるため、計算上4台あれば、8人の人間が火星探査する上で必要なエネルギーを得られることになる。

関連キーワード

NASA

コメント

1:匿名2017年7月10日 23:35 | 返信

これだけ科学が発展して尚、原発に頼るのが情けない

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。