>  >  > 爆発しそうなほど巨大化する腹をもつ7歳少年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

1707_soccerball_1.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 両側性胸水とは、肺の内側に液体が溜まってしまう疾患だ。通常治療を行う際には、胸部を小さく切開し、そこへ通したチューブから液体を排出する必要がある。また排出後は、再び液体が蓄積することを防ぐために、化学療法やホルモン療法が用いられる場合が多い。

 今年6月、英紙「The Daily Mail」は、両側性胸水が原因で腹部が想像を絶するほど膨張してしまった7歳のインド人少年の姿を報じている。少年は、栄養失調により頬骨や腕の骨が浮き上がるほど痩せ細っているものの、腹部はサッカーボール2個分にまで膨れ上がっている。同紙によると、少年は約2年前に腹部に激しい痛みを訴え病院に搬送されたが、医師の診断は「原因不明」。処方してもらった薬による在宅治療を続けるも効果は一向に現れず、絶望した両親は家財道具を全て売り払い、息子を先進医療を受けられる病院に連れて行った。

コメント

1:匿名2017年7月 7日 17:29 | 返信

とりあえず、注射で水を抜くとか普通の医師でも出来そうなんだが。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?