>  >  > 松居一代の“乱訴芸”、過去に巨額賠償金も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
mtikzy_1.jpg
画像は「YouTube」より引用

 松居一代が“暴走機関車”と化している――。

「サスペンスより恐ろしく怖い怖い真実をあたしは知ってしまいました」などと不可解なブログをアップし続け、ついに4日深夜、自身のユーチューブで「週刊文春にだまされた」という衝撃的な動画を投稿。続く5日未明には、夫である船越英一郎が「バイアグラを飲んでセックスしまくっている!」という告発動画を投稿したのだ。

「ぶっ飛びすぎてますね。船越が不倫していることを文春に報じてもらおうと思ったが、思い通りにいかずにブチギレ。船越については、自らバイアグラを手に持ちながら『セックスしまくっているんです!』『セックスしているんですよ!』と連呼する姿は非常にショッキングです。泣いたかと思えば、怨念口調になったりと、まさに松居劇場でしょう。再生回数が400万回を超えるヒットを記録しているのもうなずけます」(テレビ関係者)

 松居の主張によると、船越は離婚したいがために「女性セブン」に松居の不都合な情報をリークしているという。それに対抗しようと、文春に船越の悪事を持ちかけたものの、事前に原稿を見せる、見せないで揉めてしまい、文春にも当たり散らしているわけだ。

「いずれにしても、松居の言い分がどこまで正しいかわかりません。各マスコミは扱いに苦慮しています。松居は『やる』と決めたら執拗に追いかけますからね。文春の記者に何度も電話かけるだけではなく、文藝春秋本社まで押しかけるなんて正気の沙汰ではない。正直、こんな人を相手にはしたくないんですけどね」(スポーツ紙記者)

 最も面倒なのは、自分の主張が通らないとすぐに「訴える」とバカの一つ覚えのように口走るところ。それも口だけではなく、実際に訴えてくるので業界内では、ひそかに“乱訴芸”と呼ばれているのだ。前出のテレビ関係者がこうため息を漏らす。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。