>  >  > 快感を求めてペニスに針を挿入した尿道オナニー男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

1707_dryorgasm_1.jpg
画像は、「china.com」より

 通常の射精の何十倍もの快感を味わえると噂の「ドライオーガズム」。射精後に襲ってくる“賢者タイム”が発動することもなく、2~3時間は余裕で快感を味わい続けることができ、早漏も改善されるとかしないとか――。中にはドライオーガズムを追求するあまり、“尿道オナニー”にまで手を伸ばす男性もちらほら見受けられる。

 通常の尿道オナニーでは、尿道カテーテルと呼ばれる細長い棒状の医療器具を挿入することで尿道奥にある前立腺が刺激され、圧倒的な快感を得られるという。しかし、日本国内では尿道にパウチタイプのゼリー飲料を注入する方法が盛んに行われている様子。体験談によると、「全身に電撃が走る」ほどの快感が味わえるのだとか。しかし、もちろん正しい方法で尿道オナニーを行わなければ、尿道が傷つき、感染症の原因になることもあるので注意が必要だ。

 そんな中、中国人男性の間では性的刺激を味わうため、尿道にさまざまな異物を挿入する事件が相次いでいる。2012年には当時14歳だった少年が、約6cm程の縫い針を尿道に挿入し、2カ月もの間放置し続けた結果、徐々に血尿や排尿時に激痛を感じるようになり手術に至った。無事摘出された針は膀胱にまで達しており、一歩間違えれば命の危険もあったという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?