>  >  > 米国で不気味な「長方形の月」が激写される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

UFO

,

アメリカ

,

,

蜃気楼

 アメリカ・メイン州南部海岸ケープエリザベスで世にも珍しい「長方形の月」が撮影された。撮影者であるジョン・ステットソン氏は、「巨大なブロックアイスのようだった」と当時の光景を振り返っている。

 ともかく、まずは問題の画像をご覧頂こう。

米国で不気味な「長方形の月」が激写される! 科学者解説も、宇宙人の仕業を疑う声続出!の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 戸惑った読者もいるかもしれない。確かにどこからどう見ても、この画像の中に「月」の姿は見えない。強いて言えば、奇妙な夕焼け空のように見えなくもない……。しかし、ピンク色に染まり、およそ月とは思えないほど四角く幅広に伸びているが、これは正真正銘の月の姿だというのだ。一体どういうことだろうか?

 英紙「Daily Mail」(7月11日付)によると、大気がレンズのように働き、月の色や形に影響を与えた、いわゆる蜃気楼とのことだ。冷たい海風と上空の比較的暖かい空気が触れ合ったために起こった比較的珍しい現象だという。その証拠に、月が高く上がると、赤い歪んだ円形に姿を変えた。これでもやや変だが、月だと認識することはできる。

米国で不気味な「長方形の月」が激写される! 科学者解説も、宇宙人の仕業を疑う声続出!の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

関連キーワード

UFO

コメント

1:匿名2017年7月14日 12:26 | 返信

科学を信じない奴等は、単なる科学を理解できないバカか、宗教を妄信してるバカのどちらかでしょ?w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。