>  >  > 体内から発見された身の毛もよだつ生命体5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ウジ虫

,

寄生虫

,

山下史郎

 人体とは不思議なもので、平均的な成人には640もの筋肉組織と206本の骨、また13個もの内臓が備わっている。しかし時に人間の体内には、恐ろしい生物が潜んでいることも……。今回は実際に人間の体内から発見された、身の毛もよだつ生命体5選を紹介しよう。


■目の中からヒトヒフバエの幼虫

1707_insideofpeaple_1.jpg
画像は、「WIRED」より

 皮膚の腫れ自体は何も珍しいものではなく、通常数日、長くみて数週間で自然と消えていく。しかしペルーに暮らす17歳の少年が経験した目の腫れの原因は、身の毛もよだつものだった。少年は数週間前から目に違和感を感じ始め、一向に腫れが引かないことを不思議に思い医師の診察を受ける。診察の結果、少年の目には蚊を媒介として人間に寄生する“ヒトヒフバエ”の幼虫が寄生していることが判明。医師はバジルの葉とピンセットを使い、少年の目から約3cmほどのヒトヒフバエの幼虫の摘出手術に成功。手術には麻酔などは一切使用されず、少年は目の中で蠢く幼虫をじかに体感したという。

1707_insideofpeaple_2.jpg
画像は、「Free Stock Photos.biz」より

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?