>  >  > ドクターヘリより「メディカルジェット」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

コード・ブルーの山下智久もビックリ!「メディカルジェット」が北海道で就航! の画像1
ドクターヘリを超えるメディカルジェット!?(http://jp.depositphotos.com)

 7月17日からフジテレビ系で始まった『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』は、山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香などの顔ぶれで3rd seasonに入る。いわずと知れたドクターヘリの活躍ドラマだが、航空救急にはもうひとつ「メディカルジェット」というシステムがある。

がん、脳卒中、心臓病などの高度専門医療が受けられない重症患者を都市部に医療搬送する小型ジェット「メディカルジェット」の国内初の運航が、7月30日から北海道で始まる(「Yahoo news」2017年7月1日)。

 空路による医療搬送は、各地で運用されている「ドクターヘリ」がよく知られているが、「メディカルジェット」による搬送は、どのような導入メリットがあるのだろう?

国内初の「メディカルジェット」が7月から北海道で運航スタート

 「メディカルジェット」は、地域の医師からの要請に基づき、必要性や緊急性を判断し、事前に陸路の搬送も含めた運航計画を作成したうえで運航する。搬送の対象は、道内の病院に入院している高度専門医療が必要な重症患者だ。

 「ドクターヘリ」は救急搬送が主目的だが、「メディカルジェット」が搬送する患者は、居住地域で受けられない高度専門医療が必要な人に限られる。

 「メディカルジェット」は「ドクターヘリ」よりも航続距離が長く、航行速度が速い、天候に左右されにくく、機内スぺ―スが広い、揺れや騒音が少なく、機内の気圧調整も可能なことから、患者の負担を軽減し、重症度が高く、集中治療が必要な患者の搬送に対応できるほか、専用ストレッチャー、人工呼吸器、心電図モニタ、自動体外式除細動器(AED)などの救急医療機器を完備するなど、数々のメリットがある。

道内から道外の病院へ、道外から道内の病院へ。医療の地域格差解消の第一歩になるか?

 どのような経緯から実現化に至ったのだろう?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。