>  >  > アリューシャン地震→日本で巨大地震と富士山噴火へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
Aleutian_1.jpg
画像は「NHK NEWS WEB」より引用

 2017年7月18日8時34分(日本時間)、アリューシャン列島にあるロシア領コマンドルスキー諸島を震源とするM7.8の地震が発生した。実は、この地域で大地震が発生したことは、まったくの想定外ではなかった。というのも、一つの“伏線”というべき出来事が起きていたからだ。詳しく解説するとともに、今後日本付近でも大きな地震が続く可能性について考えてみたい。


■太平洋プレート境界、「リング・オブ・ファイア」上で起きた地震

Aleutian_4.jpg
赤い線が環太平洋火山帯 画像は「Wikipedia」より引用

 まず、前述の“伏線”とは、過去2週間弱のうちに太平洋プレート境界付近、あるいは「リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)」上で、M6クラスの地震が何度か起きていたことだ。そして、南太平洋側の太平洋プレート境界付近で大きな地震が起きた場合、震源が時計回りに北上してきて、フィリピン、インドネシア、日本付近でも地震が続くケースが少なくない。そのため、数日中に日本の太平洋プレート境界付近でも同程度の地震が起きる可能性を警戒していたところ、アリューシャン列島をM7.8の地震が襲ったのだ。経緯をまとめると、次のようになる。

7月6日:フィリピン、M6.5
7月11日:ニュージーランド南島沖、M6.6
7月13日:パプアニューギニア、M6.4
7月17日:アリューシャン列島、M6.2
7月18日:アリューシャン列島、M7.8

 もうおわかりだろう。今回、時計回りの北上の結果として、日本を通り越してアリューシャン列島で揺れたことになる。では、このまま時計回りを続けて、アリューシャン列島よりもさらに東で大地震が続くかというと、そうとも限らない。次は、日本の太平洋側にある太平洋プレート境界付近で大地震が起きる可能性も否定できないのだ。

コメント

8:匿名2017年7月21日 09:28 | 返信

>7の予言が当たる、に一票。

7:匿名2017年7月20日 10:09 | 返信

どうせ、さっき福島沖で起きた地震も関連づけた続報書くんでしょ(笑)

6:匿名2017年7月20日 08:07 | 返信

百瀬らしい記事だね。
近々地震が来るぞって言われている場所に、まるで自分一人で予知をしているかのような記事を書く。
ただし、いつ来るかは明確にできない。
で、来たらドヤ顔で「予言が当たった」とまた記事を書く。

5:匿名2017年7月20日 04:08 | 返信

まっ、トカナの記事って以前に周期的にも必ず来るのは解ってるし充分に警戒と心構えはしとくべきだろうね。
特に首都直下地震は経済的にもヤバいし
最悪、10数メートル越える様な津波が来た場合は海抜何メートルとか色々調べて逃げるなら何処なのか知ってないと想定外の災害の場合は自分の身を守る事も出来ない

日本は地震と火山大国
忘れがちだけど忘れてはいけない
想定外って言葉も最近よく耳にするし

4:匿名2017年7月20日 02:14 | 返信

馬鹿すぎ

2017年7月18日 8時34分ごろアリューシャン列島7.8
2016年1月24日 19時30分ごろアリューシャン列島7.1
2014年6月24日 5時53分ごろアリューシャン列島8.0
2013年8月31日 1時25分ごろアリューシャン列島7.0
2011年9月2日 19時56分ごろアリューシャン列島7.1
2011年6月24日 12時10分ごろアリューシャン列島7.3
2008年5月2日 10時34分ごろアリューシャン列島7.0
2007年12月19日 18時30分ごろアリューシャン列島7.3

3:匿名2017年7月19日 23:09 | 返信

TOCANAで取り上げてる以上、まだまだ起きないかな

2:匿名2017年7月19日 21:15 | 返信

南海トラフなのか南海トラフ三連動なのか
ハッキリしてほしいものだ

っでどっちよ?

※1
冬は特に注意した方が良いよ
過去に起きたのはほぼ冬だから

1:匿名2017年7月19日 19:52 | 返信

いつ来るの?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。