>  > 千年前に死んだ仏教僧のゴールデンミイラ仏!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

CTスキャン

,

ミイラ

,

中国

,

即身仏

,

契丹

神奇! 1000年前に死んだ仏教僧の完全なるゴールデンミイラ仏! 医師驚愕「骨も脳も完璧に保存されている」の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 断食死により自らをミイラ化する即身仏。山形県・真言宗豊山派の寺院「大日坊」に奉られている真如海上人などはまさにミイラ化した姿そのままに保存されている即身仏であるが、お隣中国では金色に輝く「ゴールデンミイラ仏」が流行している。


■医師も驚愕する完璧な「ゴールデンミイラ仏」

神奇! 1000年前に死んだ仏教僧の完全なるゴールデンミイラ仏! 医師驚愕「骨も脳も完璧に保存されている」の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 今月8日にCTスキャンにかけられた1000年前のミイラ仏も全身を金箔で装飾されており、一見したところ作り物のようにしか見えないが、骨から脳まで完全に保存されていることが明らかになり関係者に衝撃が走っているというのだ。

 英紙「Daily Mail」(7月14日付)が、ミイラ仏のCTスキャンを担当した医師Wu Yongqing氏の興奮気味のコメントを伝えている。

「普通の人と同じぐらい健康な骨のように見えます。それに上顎、歯、肋骨、脊椎、全ての関節が完全な状態で残っています。これは驚くべきことです」(Yongqing氏)

神奇! 1000年前に死んだ仏教僧の完全なるゴールデンミイラ仏! 医師驚愕「骨も脳も完璧に保存されている」の画像3
画像は「Daily Mail」より引用

 このゴールデンミイラ仏は、かつて契丹(きったん916~1125年頃)で国師として活躍した大仏教僧・慈賢法師(マイトリバドラ)のものとされ、伝承によると、古代インドのマガダ国の出身とのことだが、仏の教えを広めるため、現在の中国に渡ったという。

 文献には、経蔵・論蔵・律蔵と呼ばれる3つからなる仏教の教え全てを暗記した三蔵法師と記されており、契丹ではサンスクリット語原典を漢語に翻訳する訳経僧として活躍していたようだ。現在も慈賢法師が訳したと見られる10点の漢語仏典が現存しているという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。